« 麻辣刀削麺 | トップページ | 表現・説明・文章、そして図解 »

「CASSHERN」は"キャシャーン"にあらず

casshern.jpg
見てきました「CASSHERN」
うーん、、、どうなんでしょ。なぜ"キャシャーン"? なぜ"新造人間"? なぜ"キャシャーンがやらねば誰がやる"なの??? 
納谷悟朗のナレーションで映画が始まったときには、「おっ。(^^)」という感じだったし、前半はていねいな作りで、ついて行けてたんですけどねー。うーん。

前半の静かな進行から、中盤の戦闘シーンが始まるあたりから、ストーリー・映像ともに、僕には「!」「?」「!!」「??」「(+_+)」「(^^;」・・・映像とか色彩のセンスがいいのは感じるんだけど。。。そしてストーリーは終盤へ向かいます。で、そー来るかぁ、エンディング。「・・・・・」。(^^;(^^;

近未来の設定で、独特の世界観、CGを多用、キャラが登場、、、でも、この映画、ストーリーはけっこう‘ウェット’なんだよねー。・・・僕は、SFっぽい設定や映像でこういう‘湿り気’はちょっと苦手かも(^^;

とはいえ、唐沢寿明はなかなかの怪演、寺尾聰もよかったですよ。樋口可南子、大滝秀治、故・三橋達也の存在感はさすがです。及川ミッチーもいい芝居してましたね。あ、あと麻生久美子さん、きれいですねー(^^)。あとはえーと、(以下自粛〜)

・・・で、僕は、むかしリアルタイムでテレビで見た「新造人間・キャシャーン」を、もう一度見たくなりました。
でも、これって、Mac未対応じゃん(;_;) 。 あとはDVDかなぁ。

|

« 麻辣刀削麺 | トップページ | 表現・説明・文章、そして図解 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。原です。

同感です!
僕もCASSHERN見ました。
ひとつひとつのシーンや、一人一人の演技を見ると
かっこいいのに、全体として見ると・・・
とにかく長い!まとめきれてない!って感じでした。

思ったよりCGにリアリティがないな、とも思いましたが、
それと映像のかっこよさは無関係でした。
実写版「キューティーハニー」は、あえてリアリティを
無視した演出が面白そうです。
気を取り直してそっち見に行きます…

投稿: 原真人 | 2004.05.23 22:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「CASSHERN」は"キャシャーン"にあらず:

« 麻辣刀削麺 | トップページ | 表現・説明・文章、そして図解 »