« ものは試しにトラックバック | トップページ | やっと見たよ−アップルシード »

「知」としてのデザイン

創造経営の戦略 知識イノベーションとデザイン ( 著者: 紺野登 | 出版社: 筑摩書房 )
創造経営の戦略 知識イノベーションとデザイン ( 著者: 紺野登 | 出版社: 筑摩書房 )

以前(2月)、ここで紹介した本ですが、きょう読み終わりました(^^;
前半は、経営の話でちょっと退屈でしたが、4・5・6章の内容はかなり‘情報デザイン’してます。
第4章 「生産の知」としてのデザイン、 第5章 「経験」をデザインする、第6章 知の工房としてのワークプレイス 
著者はデザイナーではないんですが、「『経験』をデザインする」なーんて言ったりしてます。しかも僕らが使ってるのとほとんど同じ意味・内容です。千葉大の院や造形大で教えてるみたいですね。
上手に説明されてるので、この章だけでも読んでみるといいかも。

|

« ものは試しにトラックバック | トップページ | やっと見たよ−アップルシード »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「知」としてのデザイン:

« ものは試しにトラックバック | トップページ | やっと見たよ−アップルシード »