« ブラック・ジャック | トップページ | ひっこし »

呼吸入門

kokyu.jpg
著者は「声に出して読む日本語」で有名な斉藤孝氏。あとがきによれば、斉藤氏は‘呼吸研究’に20年以上を費やしているという。「第一話 なぜ『息』を考えるのか」「第二話 呼吸力とは何か」「第三話 息と心の関係」と続く‘息についての考察’は、呼吸によって心と身体を取り戻そうとする試みでもある。

この本を読んで、デザイン(制作)と呼吸について考えた。作ることと呼吸も大いに関係がありそうだ。

手と道具を使って「作品」を作っているときには、必ず‘息を詰める’瞬間があり、制作作業の中には呼吸のリズムがある。定規と面相筆で‘溝引き’をしたり、製図で直線を引いたりするときには、息を詰めて集中する。筆で紙に色をのせる時も同じ。いろんな局面で集中と弛緩があり、それらに呼吸(息)が関係している。

では、‘コンピュータ’という道具はどうだろう?
自分で、制作している時のことを思い出してみたのだが、あまりよくわからない。。。コンピュータで何かを作っているときの呼吸について、感じたことがあればぜひ聞かせてください。(^^)

(コンピュータが)人間の呼吸と寄り添うことができる道具なのか、あるいは、人がコンピュータをそのような対象として使えているかというのは、制作やデザインの‘深いところ’でけっこう重要なポイントになるような気もする。

|

« ブラック・ジャック | トップページ | ひっこし »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ドラッグするときは結構息をつめています,私(笑)
あと,検索のクエリーを入れてからenterキーを叩くとき,「トァー!」とか「オリャ」とか言ってる自分に気づきました。

期待通りの動きをしないからちょっと見てくれ,というパソコン,私が触るとちゃんと動くってことが時々あって(そういうことありますよね),そういうときはいつも「息を吐きながらクリックするんですよ」って言うんだけど,みな相手にしてくれませんねえ。

投稿: もとえ | 2004.08.16 22:54

ドラッグで息を詰める,,,をを、それはあるかもしれません(^^) あと、キーボードで文章を打っている時になんか‘へんな呼吸’になってるのに、いま気づいたんですが、これは何でしょう???(^^;
直感ですが、手作業の時の「呼吸」と、パソコン作業の時の「呼吸」は、質が違うような気がしますね、やはり。

投稿: yoshi | 2004.08.17 20:26

川崎さんは子供みたいにわがままな人で,学長の器ではない,とか書き込みされるとそれを削除してしまうなんて,やっぱりデザイナってたいしたことない人達のい集まりと思う.とても意見交換の場ではないよね.意見交換とか情報交換とか分かってないみたい.

投稿: yoshi | 2004.08.28 23:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸入門:

« ブラック・ジャック | トップページ | ひっこし »