« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

木のやさしさ

kikkoro木製のキーホルダーと携帯ストラップを買う。「クラフトハウス・YASUMA」の作品。
塗装されてないので、使っていくうちに艶が出てくるはず(^^)。その他に「飯椀」も購入。
中野のモノモノにて。

ここは、工業デザイナーの故・秋岡芳夫氏ゆかりの店。十数年ぶりに訪ねたのだが、ぬくもりを感じる‘暮らしの道具’がたくさんあって、なんだかホッとする。木の家具が欲しくて、いろいろ思案中。
気取ってないけどいい暮らし/モノ・モノ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Design Channel」

雑誌「日経デザイン」が協力した「デザイン情報番組」だそうです。

第1回の放送
4月2日(土),3:15〜3:45(深夜),テレビ東京
<毎週金曜日27:15から27:45>

メルマガで紹介されていました。
調べたんですが、テレビ東京に番組ホームページはなく、内容の詳細はわかりません。
・・・とりあえず、第1回を観てみる、と。(^^;

| | コメント (1) | トラックバック (0)

思いがけず、風邪をひく

熱はない(計ってない)、体がだるく、ちょっと寒けがするが、たいしたことはなさそう。

卒業式が終わって気がゆるんだか?
…自分が卒業したわけじゃないのに(笑)

体力温存、静養中。。。

あと10日もすると、在校生のガイダンス、そして入学式(4月6日)
去る人があれば、来るひともあり。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おだやかな時間

flower情報デザイン学科のみんな、卒業おめでとう。
卒業式と謝恩会を終えて、ひと足先に帰ってきました。(二次会のお誘いありがとう。つきあえなくてゴメン。)みんなはまだ二次会、三次会、四次会?…のまっただ中だな、きっと(^^;
謝恩会は水槽を泳ぐ魚たちに囲まれ、とても楽しいひとときでした。きれいな花束(左の写真)とすてきなプレゼントをありがとう(^^)。プレゼントは(もったいないので)まだblogでは未公開デス。

いま、とても穏やかな気持ちです。静かに時間が流れています。感激したとか、感無量というのともちがって、なんだかとっても‘おだやか’です。卒業生を送り出した後でこんな気持ちになるのは初めてかも。

続きを読む "おだやかな時間"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トレーニング

megalos打合せのあと、スポーツジムで軽く汗をながす。先週入会したばかり。仙川にもジムはあるのだが、ほとんど同じ会費で新しくて施設も充実してるし、町田でも使ってたのでこちらへ入会した。(風呂に‘ジャグジー付き’が決め手だったり(^^;)
最新式のマシンなのはいいのだが、これまで使ったマシンと動かし方や感覚が微妙に違って、今日はとにかく慣れただけ。
夕飯は、近くにあった宇奈ととで、うな丼と肝吸い。安くてうまい(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京王線府中駅のプロジェクト

futyu2工事用の仮囲いを使った‘情報デザイン’のプロジェクトを準備中。今日は現地で、依頼元の京王電鉄さんの担当者と打合せ。
この高さ3メートル、幅100メートルという巨大な壁面を、どうやってデザインしていこう?(^^)(^^;

壁面は府中駅南口すぐの高架下にあり、壁の向かいには最近オープンした「くるる」がある。

<写真と記事(一部)を差し替えました。>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒制作品から(3)

「foot Marks」富士聡子
fuji

競技場でのサッカー試合の‘応援体験’を再構成し、正方形25枚から成るパネルに写真と文字を使って表現した作品。25枚のパネルは左上から右下に向かって時系列に沿って配列されている。
各パネルの「オモテ面」には時刻と写真の状況を説明する文章が記載され、「ウラ面」にはさらにくわしい説明がある。パネルを台紙から外し手に取って裏面を見ることで、より深い‘体験情報’に接することができるようになっている。(写真は、作品の一部)

「家の図鑑」浜田英里
hamada

家にある様々な「モノ」を集め、それらを味わい、ひとつひとつを丹念に描き構成して、表現した作品。
制作の過程では、それぞれの「モノ」にまつわる家の物語や、家族にとってそのモノがあることの意味や価値を聞き出し丁寧に調べている。明示的に表現されてはいないが、描かれたひとつひとつの「モノ」は、物理的な存在以上の多くの物語をメッセージとして内包している。(写真は、作品の一部)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卒制作品から(2)

「emo」柿沼春香
kakinuma

パーソナル・ロボットPaPeRoをベースにして、ロボットのキャラクターのデザインやロボットと人とのインタラクションをデザインし、実動するプロトタイプを制作した。
emoは、単純な音声(mu音)とLEDの点滅、首や胴体の動きによって、数種類の‘感情’を表現する。「ロボット人とのコミュニケーション」のすがたを考えその可能性を探った。(上の写真は‘感情表現のデザイン’をイラストで示したもの)
(NEC株式会社との共同研究)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報デザイン学科・卒制作品から

今年度、僕が卒制指導を担当した卒制作品から、いくつかを紹介します。
実は、横浜赤レンガ倉庫での学外展の前に紹介する予定だったのだけど、今になってしまいました(^^;
学外展で見逃した方やもう一度見たいという方は、卒業制作展・修了制作展(学内展)でどうぞ。開催中〜23日まで。

「buon viaggio」中嶋久美子
nakajima
イタリア旅行の体験から情報を抽出し、それを再構成し表現することで、観る人に旅のエッセンスを追体験してもらうことを意図した作品。
立方体の各面には、現地での様々な体験をイラストや写真で配置してある。また、布とスポンジを素材とした立体とし、「視覚化された体験」を手にとって眺められるようになっている。

「京王線ぶらり旅」竹永絵里
takenaga

京王線沿線を4つのテーマに分け、絵はがきセットをデザインした。各絵はがきには、作者が自分の目と足で沿線を取材した写真とその場所を表すコピーが添えられている。
また、作者が友人と沿線を歩き、絵はがきを送りあった体験からは、沿線の隠れた魅力を探し出す楽しさやこの絵はがきをきっかけにしたコミュニケーションの可能性が感じ取れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京工科大学メディア学部・卒展

050320165854.jpgインタラクティブな作品がたくさん並んでいます。音と視覚表現を結びつけた作品がいい感じですね。
「oto scope」(須藤静子)は、音を画面のインタフェースを通じて直感的に‘操作する’ことにチャレンジしています。この作品をベースにして、様々なユーザーやコンテンツ向けに発展していけそうな可能性を感じました。

21日(月・祝)16:00まで。

2005 Interactive Contents Design Exhibit WEB Site

| | コメント (0)

優しい時間

coffee_mil愛用のコーヒー・ミル。
いつ買ったかも覚えていないけど、たぶんもう10年くらい使ってる。
豆を挽くとき手に響くかんじが好き。

優しい時間

| | コメント (0)

武蔵美視覚伝達デザイン学科・卒展

musabi_shideかなりレベルの高い作品が多く、見ごたえがありました。
また、情報デザインという視点で見てみると、興味深い作品がたくさんあってワクワクしました(^^)
情報デザインコースの学生は、これ必見だな。

おもしろかった作品は、
「objects of reading」山本美穂…‘読む’という行為と意味を問い直し‘よみもの’としての本のかたちを探求した作品。行為をひもといていく情報デザイン。
「How people lived in Japan」遠藤裕妃…日本の暮らしの変遷をビジュアルで描く年表。とてもクオリティーが高い。
他に、「『銀河鉄道の夜』の本」大高奈津子、「Dimensional View」粟波亮、なども着想がいい。

21日まで、DIC COLOR SQUARE(日本橋)にて。
DIC COLOR SQUARE -展覧会-

| | コメント (0) | トラックバック (0)

敵に渡すな大事なリモコン(改題)

かつて夢中で見たのは、白黒のテレビアニメだった。操縦するための‘リモコン’が欲しかったな。(^^)
正太郎くん、敷島博士、、、なつかしすぎぃ。

3月19日ロードショー
鉄人28号

(改題)←‘夜の街にガオ〜’と現れるのは鉄人ではなくて、敵のロボットだな(^^;

| | コメント (0)

日本大学芸術学部・卒展

nichigei別の用事があって出かけたのですが、思いがけず日大芸術学部の卒展を見ることができました。評価の高かった作品を選んで(教員による)展示しているとのことでした。カラーの美しいカタログが、なんと‘無料’でもらえました(数に限りあり)。

日本大学芸術学部デザイン学科 卒業制作選抜展

コミュニケーションデザインコース:
3月11日(金)〜16日(水)
9:00〜19:00(最終日12:00まで)

インダストリアルデザインコース・建築デザインコース:
3月17日(木)〜21日(月・祝)
9:00〜19:00(最終日15:00まで)

新宿パークタワー 1F アトリウムにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チームリーダーの教科書

team_leaderデザインの演習授業の中で、とりたてて「リーダーシップ」を‘教える’ということはしたことがないし、教えようとしてもかなり難しいだろう。しかし、グループ制作や学内外での展覧会などをうまくやるには、「リーダー」の存在とリーダーシップの発揮は欠かせないものだ。本書は、その「チーム・リーダー」を志すひとのための‘教科書’である。

これから リーダーをやってみたい人にも、リーダー役をやることが多く苦労している人にもおすすめ。見開きの右ページには‘図解’があり、とてもわかりやすい。(^^)

続きを読む " チームリーダーの教科書"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉の季節

kafun_syou今年の(いつもの)対策。
目薬・鼻スプレー・錠剤。(耳鼻科で処方)
で、外出時には欠かせない‘花粉用マスク’

しかしさすがに目がかゆいな。(>_<)今晩からくすり飲もうかな。

慈恵医大耳鼻科の花粉症のページ

| | コメント (0)

3月14日

公式サイトがあるそーです。・・・しかし、全国飴菓子工業組合、って。(^^;
PalmFanより)

ホワイトデー公式サイト
ホワイトデーに公式サイトがあるのをご存知ですか (MYCOM PC WEB)

・・・いくら‘お返し’したくても、もらってないんだから返しようがない(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スープカレー

soupcurry北海道フーディストでスープカレーを食べる。スープカレーは、‘札幌発’なのだが、まだ札幌では食べたことがなかった。
東京でふつうに(インド料理店とかじゃなくて)食べ慣れている「カレーライス」よりも、スパイシーで、具が大きく、さらさらのスープなのである。

続きを読む "スープカレー"

| | コメント (0)

「チャールズ&レイ・イームズ」展

eams「チャールズ&レイ・イームズ」展 創造の遺産

大丸ミュージアム(東京)
2005年3月3日(木)〜14日(月)・会期中無休
10:00〜19:30(最終日は16:00まで)
一般900円、大高生700円

あ、行かなきゃ。知らなかった…(^^;(Motoe Lab, MYUより)

DAIMARU MUSEUM:「チャールズ&レイ・イームズ」展 創造の遺産

展覧会開催記念で、“イームズチェア&ミニチュアチェアプレゼント”」もあります。締切3月14日(月)でネットからの応募もOK。

続きを読む "「チャールズ&レイ・イームズ」展"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

卒制展終了

3日間の展覧会が無事終了しました。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。m(_ _)m

11日からは、同じ会場で情報芸術コースの展覧会が始まります。こちらもよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日4日から−情報デザイン学科・卒展

多摩美術大学情報デザイン学科情報デザインコース
卒業研究制作展

3月4日〜6日
11:00〜20:00
横浜・赤レンガ倉庫にて。

みなさまのご来場をお待ちしております。

多摩美術大学 情報デザイン学科 卒業制作展2004

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おたく:人格=空間=都市

「おたく:人格=空間=都市--ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館帰国展」
2005年2月5日(土)〜3月13日(日)
東京都写真美術館 地下1階映像展示室

3月13日まで。…チェックしてなかった(^^;終わる前に見ときたいな。

東京都写真美術館 グローバルメディア 2005
おたく:人格=空間=都市 --ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館帰国展

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »