« 情報デザイン学科・卒制作品から | トップページ | 卒制作品から(3) »

卒制作品から(2)

「emo」柿沼春香
kakinuma

パーソナル・ロボットPaPeRoをベースにして、ロボットのキャラクターのデザインやロボットと人とのインタラクションをデザインし、実動するプロトタイプを制作した。
emoは、単純な音声(mu音)とLEDの点滅、首や胴体の動きによって、数種類の‘感情’を表現する。「ロボット人とのコミュニケーション」のすがたを考えその可能性を探った。(上の写真は‘感情表現のデザイン’をイラストで示したもの)
(NEC株式会社との共同研究)

|

« 情報デザイン学科・卒制作品から | トップページ | 卒制作品から(3) »

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒制作品から(2):

« 情報デザイン学科・卒制作品から | トップページ | 卒制作品から(3) »