« 「和田誠のグラフィックデザイン」展 | トップページ | 335万分の1 »

ポートフォリオの鮮度

(就活に忙しいデザインコースの4年生に向けて)

就職活動をしている人は、会社説明会に、実習に、面接にと、たいへんですよね。学校の勉強までとても手が回らない、かな。

・・・そんなあなたにひとつ質問があります。

「あなたが抱えているその『ポートフォリオ』ですが、「鮮度」は大丈夫ですか?」

今、あなたのポートフォリオに入っている‘いちばん新しい作品’は何でしょう? 3年生の後期に制作した作品は、もう4ヶ月も前のものなんですよね。そのあとに何か作品を作りましたか?何を学びましたか?

デザイナーを志す人は、自分のセンスやデザインの能力を示すために、ポートフォリオを持っていって自分の作品を見せます。その大事なポートフォリオに、「いまのあなた」を示す作品や「いまの学び」をアピールできるページはありますか?「卒制はこんなテーマで、ここまで進んでいる」とか、「最近はこういう学びをして、こんな作品を作った」とか、そういうページはありますか? 面接で、堂々と胸を張ってそれをアピールできますか?

4年生の授業や学びを中断したり手抜きをしてしまったら、せっかくのポートフォリオもその内容は更新されず古いままです。そしてどんどん鮮度が落ちていきます。すでに4ヶ月たちました。この後はあっという間です。
作品が更新できないだけならまだいいです。もし、自分自身をレベルアップ(更新)していく努力をやめてしまったら、そこでデザインする力は止まってしまいます。感覚もセンスも鈍ってしまいます。「4ヶ月前の自分」のまま、この先もずっと就活を続けるのはとてもキツイですよね。


あなたのポートフォリオは‘新鮮’ですか?
あなた自身の感性と表現力、デザインする力は‘新鮮’ですか?
そして、それをいつでも誰にでも披露できように、常にピカピカに磨き上げていますか?

|

« 「和田誠のグラフィックデザイン」展 | トップページ | 335万分の1 »

就職・進学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポートフォリオの鮮度:

« 「和田誠のグラフィックデザイン」展 | トップページ | 335万分の1 »