« 「傷つくのがこわい」 | トップページ | スープ・カレー »

広告批評

雑誌「広告批評」6月号の特集は「深澤直人の仕事」

広告誌がプロダクトデザイナーを特集するのはめずらしい。大貫卓也氏との対談「デザインで生活は変わるか」が、おもしろい。他にインタビュー「日常の感覚の中にデザインの必然がある」や「深澤直人のプロダクトカタログ1995-2005」など。

|

« 「傷つくのがこわい」 | トップページ | スープ・カレー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広告批評:

« 「傷つくのがこわい」 | トップページ | スープ・カレー »