« 揺れた。 | トップページ | プレゼンの「極意」とは? »

岡本太郎美術館

taro taro_onna

ふと思い立って「岡本太郎」を見にいく。これだけまとまった数の作品を見るのは初めて。あらためて彼とその作品のすごさというか、すごみみたいなものを感じる。パワーが半端じゃない。

展示から、岡本太郎がパリ大学で民俗学を学んでいたということを初めて知った。その上で彼の作品をふりかえると、また新たな見方ができたり、発見があったり。

常設展示のほか、9月25日までは特別展として「『明日の神話』完成への道」展を開催している。「明日の神話」は、昨年35年ぶりにメキシコで発見され、現在、修復作業が行なわれている作品である。

作品も充実しているし、展示空間も良い。まだ行ったことない人は、ぜひ。(^^)
川崎市岡本太郎美術館

港区南青山には、岡本太郎記念館というものある。こちらは元アトリエ兼住居だった場所。

|

« 揺れた。 | トップページ | プレゼンの「極意」とは? »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡本太郎美術館:

« 揺れた。 | トップページ | プレゼンの「極意」とは? »