« 「時間の終わり」展を見る | トップページ | 塩ネギワンタンメン »

「ブラウン展」を見る

森美術館のあとアクシスへ、というお決まりになりつつあるコースで「ブラウン展」へ。

(想像したとおり)会場の半分は、ブラウン社の「CI(コーポレート・アイデンティティー)」や「コミュニケーション・デザイン」の展示である。そして、どれもが非常にレベルが高い。
こういう会社のデザインのアウトプットを見ると、ひと晩でお気楽に作った図形を「ロゴマーク」と呼んだり、ブランドについて軽々しく語ると、なぜ先生に‘つっこまれる’のか、その理由がわかると思う。>学生のみなさん。

展示されたブラウンの製品だけでなく、会場の展示も流れている映像も、高いレベルできっちりとデザインされているので、学生でなくとも、これらから学ぶべきことは多い。特に学生は、ぜひ見にいくべき。「本物」をしっかりと見るべし。
卒展の会場デザインや課題のパネルのデザインなど、こういうレベルをお手本にして欲しいものだ。
10月16日(日)まで。アクシスギャラリー(六本木)

展覧会の詳細:AXIS
関連記事:Information Design?!: ブラウン展

見終わったあと、1階のデザインショップで某社デザイン部(マネージャー)のA氏とばったりお会いする。彼もまた、ブラウン展を見にきていたのだった。ちなみに某社では、この展覧会は「デザイナー全員必見」のお達しが出ているとのこと。(^^;

久しぶりにお会いしたので、カフェでしばしのあいだ情報デザインの将来や教育のことなどを話し込む。思いがけず、情報デザインの‘これから’について、自分の‘直感’が間違っていないことを確認する機会が持てた。これもなかなか有意義だった。満足(^^)

|

« 「時間の終わり」展を見る | トップページ | 塩ネギワンタンメン »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

コメント

そうそう、マネージャーが吉橋先生に会ったと言ってました。お茶したんだそうですね。

メールお達しがでています!!
ので今日あたり行きたいと思っております。

投稿: ふじ | 2005.10.09 09:33

ぜひ。(^^)

投稿: よしはし | 2005.10.10 22:52

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ブラウン展」を見る:

« 「時間の終わり」展を見る | トップページ | 塩ネギワンタンメン »