« 府中での制作(10月2日) | トップページ | 「ブラウン展」を見る »

「時間の終わり」展を見る

彼の作品(写真)は確かに「撮られた」ものであるし、そのように見える。だが、「何が撮られているのか」を明解に言い表すことはかなり難しい。
たとえば、劇場のスクリーンが光っているように見える一連の作品は、映画1本分を「撮った」ものである。また、ジオラマのシリーズや肖像画の一連の作品には、虚実が入り混じったような不思議で複雑な感覚を覚える。
「写真(表現)とは何か」を考えさせられる展覧会だった。


「杉本博司 時間の終わり」
2005年9月17日〜2006年1月9日
森美術館

MORI ART MUSEUM [杉本博司 時間の終わり]

|

« 府中での制作(10月2日) | トップページ | 「ブラウン展」を見る »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「時間の終わり」展を見る:

« 府中での制作(10月2日) | トップページ | 「ブラウン展」を見る »