« プロとして恥ずかしくない写真補正&加工の大原則 | トップページ | できたっ。(仮) »

ロゴマークのリ・デザイン

スーパーマーケットの紀ノ国屋(本屋ではない)のロゴマークが、37年ぶりにリニューアルされた。

「37年ぶりのリニューアル」と聞くと、時代に合わせて大胆に変えるということをすぐに想像するが、今回のリニューアルは、リンク先の図の通り。一見、わずかな変更であるように見える。

「大きく変えない」という選択も立派なデザインである。しかも、必要と思える要素についてはきわめて微妙な‘チューニング’を施している。‘プロの仕事’である。
「変えなくていいところは変えず、変えるべきところだけを変えた」というデザイナー廣村正彰氏のコメントはたいへん力強い。

・・・なんでも新しくすればいい、変わったことをすればいい、ってもんじゃないのだ。

NIKKEI DESIGN | 注目デザイン情報
e-kinokuniya 紀ノ国屋

NIKKEI DESIGNのメルマガ‘日経デザイン・エクスプレス’より。)

|

« プロとして恥ずかしくない写真補正&加工の大原則 | トップページ | できたっ。(仮) »

デザイン全般」カテゴリの記事

コメント

ある程度落ち着いたら、そのイメージを大切にしないといけないんですね。納得です。

ロゴマークとかサイトデザインを変えて、イメージダウンしたなぁ、前の方がよかったのに・・・と思う企業っていっぱいあります。「やっちゃった」感がいっぱい。

投稿: | 2005.10.30 11:10

webサイトに関していえば、サイトを「広告のようなもの」だと考えれば、「常に新しく、変化させる」っていうことになるのかもしれません。「インタフェース」だと思うと、「そんなに変えたらユーザがわからなくなるじゃない」ってことになりますね。
このどちらかではなくて中間のどこかだったり、別の要素が入ったっりするのが普通なので、判断はむずかしいですね。。。で、判断をまちがえると、「やっちゃった」になります。(笑)

投稿: よしはし | 2005.10.30 17:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロゴマークのリ・デザイン:

« プロとして恥ずかしくない写真補正&加工の大原則 | トップページ | できたっ。(仮) »