« 卒制最終審査会1日目終了 | トップページ | ポートフォリオの審査 »

卒制最終審査会が終了

2日目の審査会。朝から夕方までの長丁場も無事終了。
これで、終わり。

「卒業してプロになったら、いちどコイツといっしょに仕事や共同研究をしてみたい。」…2日間を通じて、僕がそう思った(僕にそう思わせた)学生が、3人くらいいた。
楽しみにしてるからさ(^^)

デザインの仕事は、その人がどのくらい真摯にそのテーマに取り組んだか、どれだけの時間とエネルギーと能力をそのために費やしたか、どこまで妥協せずにこだわって作り込んだか、それらがすべて作品や表現に「出てしまう」。

デザインの先生でなくても、プロでなくても、デザインに関わっていたり学んでいる人の目には、ごまかしようも無く「見えてしまう」ものだ。(場合によっては、一般のユーザにもそれが見えたり、それを感じたりしてしまう。)

プロはその‘こわさ’を身をもって知っているので、どんなにきびしい制作条件でも、無茶な締切の設定があったとしても、出来うる限りぎりぎりまで、作品の質を高める努力をする。・・・この先、みんなを待っているのは、そういう世界なんだよな。

がんばれよ。若きデザイナーたち。・・・お手並み拝見(^^)

|

« 卒制最終審査会1日目終了 | トップページ | ポートフォリオの審査 »

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒制最終審査会が終了:

« 卒制最終審査会1日目終了 | トップページ | ポートフォリオの審査 »