« 仕事の流儀 | トップページ | 壁の撤去日が決まる(府中) »

これから企業実習に参加するひとへ

緊張するなと言っても無理だと思いますが、できるだけ「いつもの自分」でいることです。それがコツです。

舞い上がったり、妙に気合いだけ入っていたり、自分を急に取り繕ってみたり、ぜんぜん自信がなくなったり、いろんな状況に陥りがちですが、「いつもどおり」が理想です。「いつもの自分」を出せるように、心と身体のコンデションを整えて‘いい状態’に持っていけるようにコントロールしましょう。
実力を出せるかどうかは、なるべく「いつもとおなじ」でいられるかどうか、それ次第ですね。

それと、急に、いつもと違うことをやらないようにね。(^^;
「いつもやっているやりかた」で、実習の課題に取り組み、会社の人とやりとりができるのがいちばん良いのです。(ただし、一発芸がある人と、本番にめちゃめちゃ強いひとを除く。。。)

いつもの自分が出せれば、実習の結果がどうあれ、後で‘はげしく後悔する’ということはないと思いますよ。(自分が出せなかったのにOKもらった、っていうのも、けっこうビミョーなのです。)

|

« 仕事の流儀 | トップページ | 壁の撤去日が決まる(府中) »

就職・進学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これから企業実習に参加するひとへ:

« 仕事の流儀 | トップページ | 壁の撤去日が決まる(府中) »