« 壁の撤去日が決まる(府中) | トップページ | オホーツクの焼き塩味 »

構想力

kousou経営の構想力 構想力はどのように磨くか

「構想力」に関する本。‘経営の’と付いているが、「構想」は経営者に限ったものではない。

「結論から先に言えば、『構想』は実現されることを前提としている。『着想』や『発想』は『構想』を生み出すためのきっかけにすぎない。実現されそうもないことを、あれやこれやと思いめぐらすのであれば、それは『空想』である。人が聞いて馬鹿げていると感じれば、『空想』を越えて『妄想』となってしまう。・・・(略)・・・したがって、『構想』は知に足が着いたものでなければならない。一方では、固定観念にとらわれることなく思考を跳躍させなければならない。ここに構想することの難しさがある。」(本書 ‘はじめに’より引用)

デザイナーにも大いに関係がある話だと思いつつ読む。「『構想』は実現されることを前提としている。」という一文はなかなか‘ひびく’。たまーに、「構想」と「妄想」を混同してる人、いますけどね(^^;

|

« 壁の撤去日が決まる(府中) | トップページ | オホーツクの焼き塩味 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 構想力:

« 壁の撤去日が決まる(府中) | トップページ | オホーツクの焼き塩味 »