« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

多聞院の桜

Sakura2_1
烏山寺町・真言宗多聞院にて。
Google ローカル - 北烏山 多聞院

| | コメント (0)

日産のインターンシップ

日産自動車が自動車デザイン専門のインターンシップを開始するそうです(6月から)。

本気ですねー。大学生のうちに、自動車デザインについてかなり専門的な勉強をする環境が提供されるということ。
このインターンシップと大学でのデザイン教育との関係とか、就職との関係とか、いろいろ新しい論点も出てきそうです。

日産自動車 | 日産デザイン オフサイトインターンシップ

asahi.com:日産が自動車デザイン志望者向けインターンシップ|暮らし

| | コメント (0)

東京ルール

Tokyorule東京ルール

ルール26:
店も、道も、映画館も、美術館もどこへ行っても混んでて当り前

地方から東京に出てきた人は、必読。(嘘)

| | コメント (0)

2006年度の産学共同研究(予定)

4月以降に予定している「産学共同研究」のテーマ(吉橋研究室)です。(デザインコースの2〜4年生が対象)

4年生は、スタジオ4の卒業制作として取り組むこともできますから、参考にして考えてみてください。(まだ正式決定していませんので、変更になる場合もあります。)

1)ロボットのデザイン
NECのパーソナルロボットPaPeRoとその技術をベースにした情報デザインの研究。インタフェース・デザイン、コンテンツ・デザインなど。

2)建設機械のインタフェース・デザイン
建設機械っていうのは‘パワーショベル’とか、そういうやつね(^^; 運転席のインタフェースを研究・デザイン提案します。‘乗せてもらえる’、らしい。。。(コラボレーションの相手は、有名な建機メーカーです)

続きを読む "2006年度の産学共同研究(予定)"

| | コメント (0)

出会いと別れの春

情報デザイン学科情報デザインコースで、この春に異動があります。ここは個人ブログなので‘非公式発表’です。(^^;

助教授の原田泰さんが3月末で退職されます。(情報デザインのお仕事をされるそうです。)
後任は、グラフィックデザイナーの永原康史(ながはら やすひと)さん。The Nagahara Office Inc.

副手・原真人さん:任期満了のため3月末で退職。(4月から都内のweb関係の会社に勤務)
後任は、久保好(くぼ このみ)さん。(はこだて未来大学・卒業)

助手・鍛冶秀紀さん:3月末で退職。(4月から都内のベンチャー企業に勤務)
後任は、村松泰起(むらまつ たいき)さん。(多摩美大学院 美術研究科・修了)

退職されるみなさん、おつかれさまでした。
新任のみなさん、よろしくお願いします。


(2006.3.31修正)
鍛冶さんの名前が間違ってました。ごめんなさい。修正しましたm(_ _)m

| | コメント (0)

テンション低め

仕事のことで考えごとが多い。考えすぎ。(考えざるを得ない状況なので、しかたない。)

プライベートでも考えごとが多い。ほどほどにしておく。

もうすぐ4月。新学期。

|

2個入り

Egg近所のスーパーで買ったふつうの卵。

| | コメント (0)

ココログひどいなぁ

きのうのメンテナンスのあと、レイアウトが崩れたままもとに戻らず。せまーい左1列に‘コンテンツ全部’が並んでた画面、読めませんでしたよね(泣)。なんとか復旧しました。

ココログからは何も対処方法のアナウンスがありません。
しかたないので、さきほど、保存してあったレイアウトを再度反映してみたら、、、元の3列のレイアウトに戻ったのはいいけど、コンテンツの順番がめちゃくちゃになってました。思い出しながら手作業で直しましたよ。。。(お金払ってんだけどな。)

続きを読む "ココログひどいなぁ"

| | コメント (0)

さくら

さくら谷津。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やさしい花の咲く場所

Oku_hanakoやさしい花の咲く場所,奥華子

TEPCOひかりのCMソングや、オールナイト・ニッポンのジングルはこのひとの声。
公式サイト:okuhanako

TEPCOひかり LIFE STYLE TV-CM
オールナイトニッポン番組ページ ニッポン放送

| | コメント (0)

間抜け。

締切が3月末だと勘違いしていて、きょうになって、それが27日だったと気づく。・・・過ぎてるじゃん。しかも、今からではどうにもならないし。(^^;

クライアントがいる仕事じゃなかったのが、せめてもの救いだよな。自分が困るだけ。(そんなに困らないかも。)

|

T38から南を望む

060327114428.jpg

JRタワー展望室 タワー・スリー・エイト T38

| | コメント (0)

大根と炙りサーモンのカリー

060326145321.jpg
じっくり煮込んだ大根が絶品。スパイシーなスープによく合う。食べてびっくり。
スープカレーyellowにて(移転して、広くて雰囲気のいいお店になった)。
soup curry yellow

| | コメント (0)

藤田嗣治展

パリを魅了した異邦人
生誕120年 藤田嗣治展

2006年3月28日(火)〜5月21日(日)
(月曜休館、4月3日・5月1日は開館)
東京国立近代美術館(竹橋)

東京国立近代美術館:藤田嗣治 展

| | コメント (0)

ゲームのインタフェース

実は昨年末のネタなんだけど、書き損ねて春になってしまった(^^; 最新情報は自分で確かめてね。

「最近、ゲームのインタフェースがすごいんですよ、知ってますかぁ?」という学生のひとことで、大人の社会科見学、みんなでゲーセンツアーへ。その日はあんまり時間がなかったので、ゲームはやらずに見学だけ。ゲームやらずに見てうなずいてる変な集団と化す(^^;

場所は、新宿南口の5〜6階建ての某「ゲーセン」ビル。確かにおもしろい(^^)。ゲームのCG画面やコンテンツだけでなく、高精細のタッチパネルとか、カードを使ったインタフェースとか、けっこうハイレベルな技術がちゃんと実装されて、しっかり動いてる。

続きを読む "ゲームのインタフェース"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

心を守る「盾(シールド)」

shieldシールド(盾),村上龍・著,はまのゆか・イラスト

やわらかくて傷つきやすい心を守る具体的な手段、それがシールド(盾)。

傷つくのがこわい若者へ。
傷ついている大人へ。

続きを読む "心を守る「盾(シールド)」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

謝恩会

flower marron
不器用で、自己主張がヘタで、コミュニケーションが苦手、壁にぶつかるとくじけてしまう、、、そんなデリケートでナイーブで心優しい若者たちには、今は、ちょっと生きにくい世の中かもしれない。

悩みながら、焦らずに、ゆっくり自分の道を探してみるのもいいと思う。自分を見失わずにできることをコツコツと続けて行けば、その先に道が開けても開けなくとも、後悔することは少ないと思う。

card
卒業おめでとう。・・・元気で、また会おう。(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美の卒業式

11時から、卒業式でした。

みんな、社会へ羽ばたいていきます。

からだに気をつけて、元気で。またどこかで会いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニケーションの練習

kangaeru考えるシート

相手や自分について考える(コミュニケーションの練習)ための‘シート’がいろいろ用意されている。授業で使えそうだと思って購入。(たぶん、いくつか使うことになるだろう。)

僕のまわりには‘コミュニケーションが苦手な’若者(学生)が多いように感じる。そのことに気付いて、授業の中で気になり出したのは2〜3年前からだろうか。とりわけ、友だち関係がものすごくデリケートというかセンシティブというか、見ていて痛々しいほどである。。。(本人たちが‘痛い’かどうかは定かではない。)

続きを読む "コミュニケーションの練習"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

たまびNEWSのBlog

いつのまにか、こんなものができてた。。。(^^;

社会で活躍されている卒業生のみなさんも、ぜひ情報提供をお願いします。

たまびNEWS Blog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産学官共同研究20年展

20th01
展示のチェックと展示用PCのセットアップのため、午前中に有楽町の会場へ。(上の写真はオープン前の会場の様子。)

20th02
僕が担当した研究からは、「パーソナルロボットのインタフェース・デザイン研究」(写真左)と、「ふちゅうのじかん−工事用仮囲いを利用した地域情報のデザイン−」(写真右)の2点を出品しました。
PaPeRoは、今回は残念ながら静態展示(動かない)です。動く様子は、PCで再生している映像でご覧下さい。

Information Design?!: 産学官共同研究の20年展

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美・卒業制作展 大学院修了制作展

多摩美術大学 美術学部 卒業制作展 大学院修了制作展

2006年3月21日(火)〜23日(木)
10:00〜17:00(23日は15:00まで)
多摩美術大学 八王子キャンパス

美術学部全学科および大学院美術研究科博士前期課程(修士課程)全専攻の集大成である、卒業制作・修了制作を八王子キャンパスのギャラリー、アトリエ、教室などを使い、一堂に展示します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルファブロガー

alphaアルファブロガー 11人の人気ブロガーが語る成功するウェブログの秘訣とインターネットのこれから

11人のブロガー(アルファブロガーと呼ばれる)に取材し、ブログ運営の秘訣や、ブログの魅力、可能性をまとめた本。
「ウェブ進化論」梅田氏へのインタビューも載っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京国際アニメフェア

東京国際アニメフェア2006

2006年3月23日(木)〜26日(日)
ビジネスデー:23・24日
一般公開日:25・26日

東京ビッグサイト
一般1000円

東京国際アニメフェア2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DESIGN IT!

DESIGN IT! Conference 2006 Spring
― CMSにみる ITデザインの可能性 ―

2006年4月11日(火)~12日(水)
秋葉原コンベンションホール

今回は、「コンテンツマネジメント」を中心に据え、同テーマに関連の深い「情報アーキテクチャ」、「インタラクション」を加えた計3テーマで構成されるとのこと。

DESIGN IT!

nextdesign:blog経由。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Yahoo! JAPANのSNS・ネーミング募集

賞金100万円。(^^)

Yahoo! 360°−Yahoo! JAPANのソーシャル・ネットワーキング・サービス (SNS) のネーミング募集!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IAMASの作品展

「SOURCE OF LIFE はじまりの水 - IAMAS in Yokohama」展

2006年3月18日(土)〜21日(火・祝)
11:30〜19:00
横浜BankART Studio NYK(旧日本郵船倉庫)
入場無料

月曜日に行くかなー。(思案中・・・)

SOURCE OF LIFE
IAMAS

(みまさんの日記@mixi 経由)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフォグラフィック

「Web Designing 04月号」の特集は‘インフォグラフィック’

(情報デザイン学科・情報デザインコース向け)
4月からスタジオ4で学ぶ4年生は、「映画の構造分析」(ワークショップ:4〜5月)でダイアグラムを制作しますが、この特集はとても役に立ちます。

ここに書かれていることを基礎として理解しておくと、映画の構造を見つけたあとそれを「表現する」という流れがスムーズに行く、はず。(毎年、構造はちゃんと見つけられたのに、それをうまくダイアグラムに描けずに苦労するひとが、とても多い。。。)

買ってじっくり読んでみて。(^^)(予習、ね。)

Web Designing: 最新号の内容

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産学官共同研究の20年展

20th多摩美術大学「産学官共同研究の20年」展

2006年3月21日(火・祝)〜3月26日(日)
9:00〜22:00(21日は12:00から、26日は20:00まで。)
東京国際フォーラム ロビーギャラリー2(有楽町側)
入場無料

多摩美術大学主催のイベントです。「デザイン教育における20年間の産学官共同研究プロジェクト」について、その実績と成果を発表します。
(文部科学省・特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)の補助事業)

多摩美術大学|産学官共同研究の20年
産学官共同研究一覧
大学教育の充実(Good Practice)−文部科学省

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【再掲】インタラクティブコンテンツ展

東京工科大学 メディア学部メディア学科・卒業研究制作展

2006年3月15日(水)〜19日(日)
町田市国際版画美術館

日曜まで。ぜひ。

INTERACTIVE CONTENTS

| | コメント (0) | トラックバック (0)

入学式は4月1日(2007年度 多摩大学大学院)

tamadaiきょう帰ったらポストに資料が届いていた。

「入学式」は4月1日(土)。ガイダンスがある(あたり前だけど)。
(いつもやってるのに、)なんだか「受ける側」になると、すっっっごく‘新鮮’だな。

ガイダンスのあと、在校生による‘歓迎会’も開いていただけるようだ。(「名刺持参のこと」だって(^^;)・・・「学割」も使える。(笑)
多摩大学 || 多摩大学大学院 || 夜間・土曜開講 社会人大学院 MBA

続きを読む "入学式は4月1日(2007年度 多摩大学大学院)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

情報デザインのカリキュラムのデザイン

情報デザインのように歴史の浅い分野では、むかしから決まっている‘定型の’カリキュラムというものがあまりない。1年生から4年生までの授業の体系を考え、確実にそれぞれの授業を実現できるように‘デザインする’のは、けっこう難しい。理想論だけでは絶対にうまくいかない。

もちろん、これまでのデザイン教育の中で実践されてきた様々な授業は、とても役に立つ。また、多摩美の場合には上野毛の二部デザイン学科(当時)で生み出された‘資産(授業)’もあるので、まったくゼロからつくるわけではない。情報デザイン学科を新設してから8年間の経験と実績も使える。

それにしても、毎年見直しをかけていかないと授業があっという間に陳腐化する、というキケンと常に隣り合わせなのが、どうやらこの分野らしい。(・・・ということに、5年目くらいにやっと気付いた。いつまでもカリキュラムが定型化しないことに当時は焦った。今は、そういうもんだと思うことにしてる(^^;)

続きを読む "情報デザインのカリキュラムのデザイン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あら。

大学に提出した会計報告にミスがあり、事務から「ちがってますよ」と指摘される。あら〜。(^^;

金額のタイプミス(1ヶ所)と、Excelでの計算ミス(指定すべきセルが抜けてる)2ヶ所。
幸い、たいしたことなかったので、すぐ修正して再提出。。。

う゛ー。ーーー。ーー。 詰めが甘い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都庁展望室から

060314173504.jpg
新宿で買い物してたら、ふと高いところに登りたくなって(笑)、都庁の展望室へ。久しぶり。

(…それにしても、展望室のこの安っぽい雰囲気はどーにかならんのだろうか。海外からの観光客も来ているのに、かなり哀しい…。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

場の論理とマネジメント

banoronri場の論理とマネジメント

デザイナーは、「場」が「創造的な思考」に関係していることを(おそらく経験的に)「知って」いる。ブレストをやる場所を選んだり、作業の内容によって机の配置を変えてみたり、別の部屋をつかったり、アイデアにつまった時には外のカフェに行ってみたり、、、。

「序章:空間は情報に満ちている」、「場のメカニズム」、「場の生成のマネジメント」、「場における情報蓄積」・・・分野は「経営理論」なのだけど、ひとごととは思えない(笑)項目が並んでいる。。。いまざっと眺めたところで、これからちゃんと読んでいく、予定。

続きを読む "場の論理とマネジメント"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八王子は雪。

午後から降ったりやんだり。まだ春じゃないみたい?(^^;
(多摩美にて)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

確定申告と研究費の会計

ここ数日かけて、自分の確定申告と、大学の産学共同研究費の会計報告。やっと終わった。領収書の束を前に似たような作業を2回、黙々と(ぶつぶつ文句を言いながら(^^;)こなす。

前者は、webで申告書が作れるようになってすっごく楽になった。還付申告だけなら電卓もExcelも不要デス。2時間くらいで終了して、プリントした書類を税務署に郵送。

続きを読む "確定申告と研究費の会計"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1感

daiikkan第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

理屈以前のひらめき、について扱った本。「適応的無意識:一気に結論に達する脳の働き」というらしい。

プロローグにいきなり、「学生が担当教官が有能かどうかを判断するのに、どのくらいの時間を費やすか?」という問いが出てきて、ちょっと焦る(笑)。心理学者の研究によると、「学生たちに教師の授業風景を映した音声無しのビデオを10秒間見せただけで、教師の力量を見抜く」そうだ。(^^; 見せるのを5秒にしても2秒にしても判断は同じで、学期末の評価と比べてもあまり変わらないらしい。
・・・4月になったら、新入生に「2秒で」判断されるのかも。(^^;

これを‘信じるかどうか’はべつにして、理論だけではない‘何か’を考えるきっかけにはなる。デザイナーは、けっこういろんな場面で、‘直感’とか‘勘’とかいうものに頼ったり世話になったりしてるので、読んでいてあまり違和感はない。こういうとらえ方はおもしろいと思うし、自分の‘第1感’もちゃんと信じてみようと思える。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ワークショップコレクション2006

3月11日(土),12日(日)11:00〜18:00
秋葉原ダイビル

NPO法人CANVAS//こどものための最新ワークショップの博覧会「ワークショップコレクション2006」 in アキバ

うーん、明日までだ。さっき見つけた。。。行けるか???

kojicozyの散歩日和 より。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「空のハナシ」(卒制作品)

sora多摩美・情報デザイン学科情報デザインコースの卒業制作としてデザインされたFlashコンテンツが、webで公開されています。空の色の仕組みについて説明することで、宇宙に関心を持ってもらおうと企画・制作したFlashコンテンツです。

卒制展にお越しいただけなかった方、ゆっくりご覧になれなかった方、どうぞごらんください。(このブログの左側「2005年度・授業」にもリンクがあります。)

「宇宙について学ぶFlashコンテンツ 空のハナシ どうして青いんだろう」
企画・デザイン・制作:土屋絢子、中尾文子

作品サイト:空のハナシ どうして青いんだろう
作品紹介(卒制展公式サイト内):土屋絢子、中尾文子 | ヒト・コト・ミライ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美・グラフィックデザイン学科の卒展を見る

060311154340.jpg
毎年のことだが、「圧倒的な表現力」なのである。難解な作品は少ないので、「見ればわかる」作品が並ぶ。

広告作品が少なかったのがちょっと意外だった。学部の課題では多くの広告作品を作っているはずなので、卒制としては少なかったということか。

続きを読む "多摩美・グラフィックデザイン学科の卒展を見る"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

武蔵美・視覚伝達デザイン学科の卒展を見る

060311143241.jpg
展示されている作品の多くは紙を媒体にしたもので、「本」のカタチにまとめた作品が多い。本としての編集と表現はとても美しい。
コンテンツは深く研究を重ねたものが多く、かなり専門的なテーマを扱ったものもある。そういう作品は見る側に知識がないと、ちょっとわかりにくいかも。
(スタッフらしき学生は作品の写真撮影の打ち合わせに忙しく、説明員らしき学生は誰もいない。。。)

13日(月)16:00まで、日本橋DICギャラリーにて。
ShideCONTACT2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーソナル・ファブリケーション

fabものづくり革命 パーソナル・ファブリケーションの夜明け
著者は、MITビット・アンド・アトムズセンター所長。
原書はこちら。FAB: The Coming Revolution on Your Desktop - from Personal Computers to Personal Fabrication

MIT The Center for Bits and Atoms

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログの障害

きのうの昼間のメンテナンスが夜になっても終わらず、(終わったのかもしれないが、結局そのあと繋がることは無く)、きょうも、夕方まで全く更新ができなかった。その間、このブログのページは表示されていたが、とにかく管理画面に入れない状態が延々と続いた。こういうのは「障害」と呼びます。(^^;

・・・メンテナンスが何度も延長され、何が起きてるか会員への連絡も悪かったので、各所で非難轟々である。有料のサービス使ってる人は、文句も言いたくなるだろう。ちなみに、このブログもフリー版ではなく、わずかだが月々の費用を払っている。
・・・重くなることは度々だが、こんなに長い時間使えなかった(ログインできない)のは始めて。困る。

(この投稿も、やってみたらかなり‘重い’。大丈夫かな。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来大のプロジェクト学習発表会を聞きに行く

秋葉原へ。活気のある会場でいくつか発表を聞く。

「ギガピクセルフォト作成プロジェクト」の発表では、いったいどうやって‘130億画素’というデータを作ったのかを聞くことができた。あたりまえだが、手でデジカメを構えて撮影するわけにはいかないし、画像の明るさ補正などをPhotoshopで手作業でやるわけにはいかないのだ。膨大な数の撮影画像の合成も必要になる。撮影から補正、画像加工、ビューワー用の画像作成まで、各プロセスで様々な自作のプログラムが作成され使われている。これは、たいへんだ。(素人ながらそう思う)(^^;

続きを読む "未来大のプロジェクト学習発表会を聞きに行く"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

勉強会@S大学

情報デザインの教育やカリキュラムについての私的な勉強会に参加。朝からS大学へ。参加者は僕を含めて4名。(T先生、K先生、KM先生、吉橋)
KM先生に、演習課題の意図や演習の仕掛け、成果などのお話しを聞く。そして、意見交換とディスカッション。(内輪話と雑談も。)

工学系の教育の中で、学生たちに‘どのように’情報デザインを教えるかが、今日の議論のポイントとなった。S大での実践とその成果に驚きつつ、美大との共通点や違いなどについていろいろ考える。

午後から見せていただいたS大学の学生さんの「ポートフォリオ」は、かなりの衝撃度。・・・「これ、デザイン学科の学生が作ったんじゃないんですかっ?・・・(工学系)学部の学生さんですか?! ま、まじですか。」・・・なんだかスゴイことが起きてる気がする。「地殻変動」かも。

続きを読む "勉強会@S大学"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インタラクティブ コンテンツ展

東京工科大学 メディア学部メディア学科・卒業研究制作展

2006年3月15日(水)〜19日(日)
町田市国際版画美術館

INTERACTIVE CONTENTS


| | コメント (0) | トラックバック (0)

展覧会が終わる

情報デザイン学科・デザインコースの、卒展と成果展が終了しました。

ご来場いただいたみなさん、ありがとうございました。
会場でお会いできなかった方々もいらっしゃると思いますが、何かの機会に、感想やコメントなどお寄せいただければ幸いです。

続きを読む "展覧会が終わる"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

上野毛の選抜展を見る

終了30分前にぎりぎり飛び込む。(いいかげんに地図を見て行ったので、迷った。)

「動きの図鑑」(瀧ひろみ)がおもしろかった。ゼンマイを巻くとちょこまかといろんな「動き」をする。作者を目の前に、「これのデカイのが見てみたい。」などと無責任なことを言って逃げてきた。(^^;
「フキダシステム」(永田新治)は、すっごくおもしろかった。音声認識やICタグがこういうカタチになるとは、ちょっと驚き。デモンストレーションもよく考えられシナリオが作り込まれていて、秀逸。
説明は聞けなかったが、「隈取り」(小倉麻衣子)は、スクリーン上の表現が美しくスキが無い。画面(表現)に緊張感があり、コンテンツの‘隈取り’を引き立てている。

続きを読む "上野毛の選抜展を見る"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

展覧会

午前中に多摩境、午後から原宿。自宅を挟んで、西へ行ったり東へ行ったり。(近いといいのに。。。)
サレジオ高専の卒展が良かったので満足。無理して行ってよかった。

原宿では、急いでプロダクトの卒展を見たあと、情報デザイン学科の卒展に顔を出して、成果展の会場で8時まで「当番」。卒業生がたくさん見に来てくれて、うれしかった。みんな、ありがとう(なんか、いつも顔を見てるような人もいるけど・笑)。他大学の先生や企業の人の評価・評判も気になるけど、実は、「卒業生の目」がいちばん気になったりする。(^^;

続きを読む "展覧会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多摩美プロダクトの卒展を見る

060304154235.jpg
見ればわかる、という明解な作品が多い。

興味をひいたのが「浮遊型火星探索機」と「傘の研究を通じて生まれたシェルター」。これで実現性の検討がある程度されているとしたら、なかなか面白い(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サレジオ高専の卒展を見る

060304140551.jpg
どの作品も、テーマや着眼点がよく面白かった。写真は「動くピクトグラム」(ポートフォリオを撮影。実際の作品は画面上のアニメーション表現。)。既存のサイン(ピクトグラム)に動きを加え、よりわかりやすいものにするという提案。

高専は5年間学ぶので、卒制をやっているのは「5年生」である。大学なら2年生と同学年ということになる。そう思うと、並んだ作品はなかなかレベルが高い。あす5日まで。
京王線・多摩境駅から徒歩8分。(橋本駅からだとトンネルを抜け、次の交差点をひたすら右へ。)


…校内へ入る時は必ず守衛所に寄りましょう。じゃないと、呼び止められます(^^;

サレジオ高専
(2004年4月、新校舎を町田市小山ヶ丘に移転。育英高専から校名変更。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千葉大の卒展を見る

夕方からAXISへ。同窓会の総会が展示会場で開かれたので、なつかしい先生方や同期の卒業生にも会うことができた。

で、展示の内容なのだが、、、、、

うーん。僕が学部生だった‘20年前’と変わらない。。。時代に追いついてないよ、この「デザイン」。(何でも変わればいいというわけではないし、変わらない価値というのも、もちろんあるけれど。)

せめて、真剣にデザインを学んでいる若い学生(後輩)たちには、そのことに気付いて欲しいと切に願う。

(母校だから、あえて辛口。がんばって欲しいという願いを込めて。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いよいよ、あす3日から

あす3日から5日まで。

学生たちが熱心に取り組んだふたつの展覧会が始まります。
みなさまのお越しをお待ちしております。m(_ _)m

卒業研究制作展(4年生):
多摩美術大学 情報デザイン学科 情報デザインコース 2005年度 卒業研究制作展 ヒト・コト・ミライ

学びの成果展(1〜3年生・選抜)
多摩美術大学 情報デザイン学科 情報デザインコース 出来事のかたち展

吉橋の予定:
3日(金)は、大学で会議・来客などがあり会場には行けません。
4日(土)16:00〜20:00に、成果展の会場にいます。
5日(日)終日、卒展会場にいます。13:00〜16:00はシンポジウム参加(会場内)
(上記の予定は事情により変更になる場合もございます。ご了承ください。)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

社会人基礎力

経済産業省の「社会人基礎力に関する研究会」の中間報告。

「社会人基礎力(職場等で求められる能力)」として指摘されているのは、次の3つ。
1)「前に踏み出す力」(アクション)」 ~一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力~
2)「考え抜く力」(シンキング)」~疑問を持ち、考え抜く力~
3)「チームで働く力」(チームワーク)~多様な人とともに、目標に向けて協力する力~

指摘されている‘能力’は、多摩美で教育しながら日ごろ「いまの学生はこういう点が弱いなー。」と感じていることとほぼ同じなので、「やっぱり全国的にそういう傾向なの?」と思ったりする。もちろん、ちゃんとできてる学生も確実にいる。たとえば、今回の学外展の準備のために努力している学生は、こういう「能力」がしっかり身に付くし、すでにかなり身に付いていると思う(^^)

就職活動をしている3年生にとっては、こういう力をいまの時点で身に付けていれば、すでに「社会人基礎力がある」ということだし、それは‘会社の人がどこを見ているか’にも大いに関係することだと思う。4月から社会人になる人は、、、大丈夫かな?(^^;

続きを読む "社会人基礎力"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

壁の解体・終了

fuchyu0228_1 fuchyu0228_2
近くまで行く用事があったので、また見てきました。壁はぜんぶ無くなっていて、プラスチック製の小さなフェンスに置き換わっていました。
これでホントにおしまいだなー。いやー、、、終わった、ね。

緑色のフェンスの向こう側(高架下)では、店舗の工事が着々と進んでいます。

2005年3月22日の壁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »