« 永山を散歩 | トップページ | NHK技研公開 »

ハイ・コンセプト

Highconceptハイ・コンセプト−「新しいこと」を考え出す人の時代
ダニエル・ピンク(著), 大前研一(訳)

原書"A Whole New Mind"はアメリカで大ベストセラーだと、本の帯に書いてあります。。。
これからは、「MBA」よりも「MFA(Master of Fine Art)美術学修士」が活躍する時代だ、なーんてことも書いてあります(p107 「MBA型」人材か「MFA型」人材か)。
・・・ホントかよ(笑)。えーと、(多摩美の)「芸術学修士」なら持ってますけど、わたしも。(^^;

「新しいこと」を考え出す人の時代、という副題が示すように、21世紀には次のような「6つの感性(センス)」が重要だというのが、本書の主張です。
1.「機能」だけでなく「デザイン」
2.「議論」よりは「物語」
3.「個別」よりも「全体の調和(シンフォニー)」
4.「論理」ではなく「共感」
5.「まじめ」だけでなく「遊び心」
6.「モノ」よりも「生きがい」

・・・なんだか、ビジネス書というよりも、情報デザイン学科の‘教科書’(そんなのないけど)みたい(^^;
「新しいことを発想する」という視点で読めば、書いてあることはまっとうです。デザインやクリエイティブの分野にいる人なら、本書に書かれていることは学部の学生でも(体験的に)知ってるし、あたりまえのこととして身に付けている、と思う。

著者のプログ:Dan Pink | A Whole New Mind... and more

|

« 永山を散歩 | トップページ | NHK技研公開 »

経営/経営学」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。