« 岡本太郎「明日の神話」 | トップページ | 卒制審査会2日目・終了 »

卒制審査会1日目

午後から4年生の発表を聞く。ひとり5分間なので、言いたいことをきっちり伝えるのはけっこう難しい。

お行儀の良い、型どおりのプレゼンテーションが多かったかな。「ふつうの」プレゼン。
まじめなのはいいんだけど、宿題の発表会みたいなのが多かった。それはそれで悪くはないけれど、聞いている人の印象には残らないよね。発表者の‘緊張感’が聞いてるひとにも伝わってしまうような発表も。(^^;

もうちょっと「プレゼンテーション」を工夫して欲しいなぁ。。。

‘決められた時間しゃべったら終わり’じゃなくて、他人に自分の考えや表現をどうやって伝えるかということに、もっともっと関心を持ち、そのためにどうしたらいいかをもっと考え、準備にもっと時間を使って欲しい。

楽しさとか、わくわく感とか、期待させる盛り上げ方とか、品質の高さの演出とか、、そういうのは無駄なことじゃなくて、デザインにはけっこう大事だと思うんだよね。

次回に期待してます。(^^)

|

« 岡本太郎「明日の神話」 | トップページ | 卒制審査会2日目・終了 »

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。