« ピクサー展 | トップページ | ブレーンストーミングとプロトタイピング »

ヒット企業のデザイン戦略

Hit_designヒット企業のデザイン戦略 イノベーションを生み続ける組織(ウォートン経営戦略シリーズ)

経営の視点から書かれた本で「デザイン」を扱う本が、最近、増えてる気がする。流行りですか?(^^;
それとも、今まで目にしなかっただけ?。。。(笑)

ウォートン経営戦略シリーズ
The Wharton School of the University of Pennsylvania

目次
プロローグ:イノベーションは誰が起こす?
第1章:新時代のイノベーター
第2章:残された唯一の道
第3章:イノベーションをデザインする
第4章:トレンドをデザインする
第5章:ファンタジーをデザインする
第6章:ステークホルダーをデザインする
第7章:B2B製品をデザインする
第8章:意思決定をデザインする
第9章:商品機会をデザインする
第10章:知的戦略をデザインする
第11章:チームをデザインする
エピローグ:イノベーション・パワー

|

« ピクサー展 | トップページ | ブレーンストーミングとプロトタイピング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

う~ん。
なかなかに引きの強い章立てですねえ。
これは是非チェックしたいところです。
(が、その種の本に埋もれていてなかなか
積読から開放されない今日この頃・・・)

投稿: norviq | 2006.07.01 07:39

その本を買った日やAmazonから届いた日が、ある意味(その本を読もうという)モチベーションがいちばん高い状態なので(^^; 書店帰りにコーヒーショップに寄るとか、電車の中ですかさず開くとか、すぐ手に取るとかしておくと「完全積読」をちょっとだけ避けることができます(^^;
手にしたその日に読み切れるはずもありませんが、目次と前書き、あとがき、内容をざざざっと眺める、くらいのことをするだけでも、だいぶ違うんじゃないかと。
これをやって、おもしろくてそのまま読み続けた本もあります。・・・ただしその場合、授業や課題の本が後回しになるというリスクがありますけど(笑)

投稿: よしはし | 2006.07.01 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピクサー展 | トップページ | ブレーンストーミングとプロトタイピング »