« CGMマーケティング | トップページ | 2006「webサイト」作品公開 »

「吉原治良展」を見る

Yoshihara_jiro展示は時代順に6つの章で構成されており、初期の‘魚をモチーフにした静物画’から、モチーフや作風を変えながら、有名な「円」の作品へと続いている。

「円」の作品しか見たことがなかったので、モチーフや作風が次々と変わっている(ように見える)ことにちょっと驚いた。一連の「円」の作品に至るまでの過程がたいへん興味深い。

・・・TGSの学生証で、学割500円(^^)

竹橋の東京国立近代美術館で7月30日まで。
Information Design?!: 吉原治良展

|

« CGMマーケティング | トップページ | 2006「webサイト」作品公開 »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。