« 集中ワークショップ「Design×Business」 | トップページ | ニンテンドーDSブラウザー »

2006.07.14

ポートフォリオ作成の○(マル)と×(バツ)

3年生(「webサイト」クラス)のML向けに書いたのが、けっこういい出来なので(自画自賛(^^;)、こっちにも転載します。就職向け、インターンシップ向け、アルバイト面接向け・・・ですね。

以下の項目を自分でチェックしながら作るとよいと思います。あるいは、友だち同士でチェックし合うのもよいでしょう。

はじめに:
ポートフォリオは「作品集」です。基本的に「作品を見せる」もので、思いを‘文章で書き連ねる’ものではありません。

○「作品」の画面や写真は、大きく扱われていて、見やすくレイアウトされている
○フォントや文字間、レイアウトに気を配ってあり、見やすく読みやすい
○自分の作品の中で、見て欲しいところやアピールしたい点が伝わるように表現してある

○絵や図を見て、だいたいわかる
×文章を最後までよく読まないとわからない

○説明文は、内容を整理してあり、箇条書きになっている
×長い文章が、数行に渡って続いている

○図や写真にはタイトルがついていて、何を説明しているかわかる
×タイトルも説明もなくわからない

○説明の「項目」がきちんと整理されていて、適切な「見出し」が付いている
×見出しや区切りがなく、どこまでがひと続きかわからない

○概要(大枠)の説明と詳細な説明のバランスがよい
○どれが「作品」で、どれが説明図やイメージ図なのかが見て区別できる
○自分の考えの道筋が、わかりやすく表現してある

これがすべてではありませんが、だいたいのレベルはこれで自己チェックできると思います。

|

« 集中ワークショップ「Design×Business」 | トップページ | ニンテンドーDSブラウザー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 集中ワークショップ「Design×Business」 | トップページ | ニンテンドーDSブラウザー »