« ピカソとモディリアーニの時代 | トップページ | グッドデザイン賞50周年記念特集 »

イチロー×矢沢永吉

Tetsugakuイチロー×矢沢永吉 英雄の哲学

たまには‘専門書’じゃない本を。本屋で見つけて買って帰り、寝る前にちょっと読もうと思ったら、引き込まれてそのまま最後まで一気に読んでしまった。

2006年3月にBSデジタル放送の特別番組で実現した対談を、本にしたものらしい。残念ながら番組は見てないし、そういう番組があったのも知らなかった。・・・しっかし、すごい対談だな。(^^; (番組見たかった。)

特にイチローの大ファンと言うことでもなく、永ちゃんの熱狂的なファンでもないのだけど、このふたりの対話はなんか、すごい。あるレベルを超えたひとの世界観というか、視点というか、「哲学」というか。

イチロー・32歳、矢沢永吉・56歳。・・・ (放送当時)

目次:
哲学1:人は、現役で在り続けなければならない
哲学2:人は、子どものころの気持ちを忘れてはならない
哲学3:人は、最高のレベルを求めなくてはならない
哲学4:人は、未知の扉を開けなくてはならない
哲学5:人は、自己と向き合わなくてはならない
哲学6:人は、変化し続けなくてはならない

|

« ピカソとモディリアーニの時代 | トップページ | グッドデザイン賞50周年記念特集 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

学校においておきました
(研究室のポスト?に入れておきました)
もし興味なければ、副手さんに渡しておいてください

投稿: IKEDA | 2006.09.14 03:11

お借りします。ありがとうございます!(^^)(^^)

投稿: よしはし | 2006.09.14 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ピカソとモディリアーニの時代 | トップページ | グッドデザイン賞50周年記念特集 »