« 「へんな会社」のつくり方 | トップページ | ピカソとモディリアーニの時代 »

あしたの発想学

Hassougakuあしたの発想学

おもしろくて、あっという間に読んでしまった。著者の岡野氏は、「痛くない注射針」を生み出したことでも有名な、岡野工業株式会社の社長さんである。この注射針は2005年度のGマーク大賞を受賞している。

社長として、というよりも、‘町工場のベテラン職人’としての岡野氏の語り口は、キレがよくて気持ちがいい。時には過激、時には優しい。そして、できないと言われたものを「できる」ようにしてきた人の言葉には、なにより説得力と重みがある。

数々の不可能を可能にしてきた人の語りには、「発想法」のヒントもまた多く含まれている。・・・まぁ、だからといって、そう簡単にはマネできないとは思うけど。せめて気持ちや気概だけでも学びたい。(^^)

学生にぜひ読んで欲しい。

テルモ プレスリリース 2005|インスリン用注射針 「ナノパス33」
GOOD DESIGN AWARD [ Winners 2005 ]

|

« 「へんな会社」のつくり方 | トップページ | ピカソとモディリアーニの時代 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「へんな会社」のつくり方 | トップページ | ピカソとモディリアーニの時代 »