« 秋の空 | トップページ | 伊東豊雄展 »

大学をデザインする

Koukoku_0610広告批評 (10月号)

特集:大学をデザインする
佐藤可士和による明治学院大学のブランディング・プロジェクトの特集。

単なる大学のロゴマークのデザインやお決まりのUI(University Identity: CIの大学版)ではなく、ブランディングのために「徹底的にやってる」感がある。

たくさんのグッズも、大学案内も、学部の履修要項も、ホームページも、体育会(チアリーディングや、アメフトやサッカー)のユニフォームも、そして横浜キャンパスでは空間のリニューアルもやり、カフェも(!)作っている。しかし、すごい仕事量である。ここまでやるか、っていうぐらい。(^^;

佐藤可士和×天野祐吉の対談「ブランディングは学びの環境を変える」も収録。大学教育についてふれている部分には、「ひとこと物申したい」気もするけど(笑)、一般論だと思うことにして、まぁよしとしておきましょー。(^^;

広告批評
明治学院大学

|

« 秋の空 | トップページ | 伊東豊雄展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

おお、すごいですね!
ユニフォームやらグッツまでも統一のテーマでやられたとは。


最近私は下記の本を手に入れました。
デザインの事例を知りたいと考え今ちょっとずつ読んでいるところですが。
本中に伊右衛門のペットボトルのデザインの章があります。
私はスーパーの飲料部門のバイトの経験があるので身近なテーマです。

ブランドのデザイン 川島 蓉子 (著)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4335450338/sr=8-4/qid=1160364809/ref=sr_1_4/503-1901422-5876766?ie=UTF8&s=books

投稿: まる | 2006.10.09 12:43

お久しぶりです。

ちょうど今、大学のブランディングを考える仕事をやらされてます。
どの企業も同じことが言えるかもしれませんが、私がいるところは総合大学ですので、同じチームの先生方にまずデザイン的アプローチとは何ぞや、というところから理解してもらわないといけません。
最近は、理解してもらえたら成功したも同然、な気がしています。
今月号の広告批評は参考になるかもしれませんね。
よい情報ありがとうございます。

投稿: fukuda | 2006.10.09 19:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の空 | トップページ | 伊東豊雄展 »