« マイクロソフト社のテストルーム | トップページ | 六本木散歩−国立新美術館ほか »

ペルソナ戦略

Persona_1ペルソナ戦略―マーケティング、製品開発、デザインを顧客志向にする

「ペルソナ」そのものは、webサイトのデザインをするときにつくる、あの「ペルソナ」と同じものです。また、UCD(ユーザー・センタード・デザイン)の一環として位置付けられています。

本書の特徴は、ペルソナをマーケティングや商品開発などに広く利用する「ユーザ視点からの企画・デザイン」のための‘ビジネスツール’として扱っている点です。(出版社は、ビジネス書の出版が多いダイアモンド社)

デザインのためにユーザーを明確にするという限定的な目的ではなく、開発や企画のスタートから「顧客志向」を進めるためのツールとして「ペルソナ」を取り上げていて、その効果的な使い方をステップを追って非常に詳細に解説しています。また、本書の最後には、応用事例として、大和ハウスと日立アプライアンスでのペルソナ利用の例が取り上げられています。

「webサイト」(3年次演習)の授業をとってたひとは、ちゃんと書けますよね。>ペルソナ

ちなみに、2006年度の産学共同研究で行なった「油圧ショベルの次世代インタフェース・デザイン」の提案の一部には、ペルソナの手法を使いました。

関連リンク:
ペルソナデザインワークショップ (ペルソナブログ)
ペルソナデザインドットネット


参考:ウェブ・デザインでの「ペルソナ」利用
ウェブ戦略としての「ユーザーエクスペリエンス」―5つの段階で考えるユーザー中心デザイン

|

« マイクロソフト社のテストルーム | トップページ | 六本木散歩−国立新美術館ほか »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

経営/経営学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルソナ戦略:

« マイクロソフト社のテストルーム | トップページ | 六本木散歩−国立新美術館ほか »