« ブルーノ・タウト展 | トップページ | 納豆パッケージのリデザイン »

若冲展

開基足利義満600年忌記念
若冲展
釈迦三尊像と動植綵絵 120年ぶりの再会」展

2007年5月13日(日)〜 6月3日(日)(会期中無休)
相国寺承天閣美術館(京都市上京区)

「伊藤若冲の分蔵されていた最高傑作「動植綵絵」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)と「釈迦三尊像」(相国寺蔵)全33幅がおよそ120年の時を超えて再会します。」(下記ウェブサイトより)

すごいですね、これ。見に行きたいです、すごく。

…京都、行くかな。(と、スケジュール帳をチェック(^^;)

若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵 120年ぶりの再会 | 展覧会概要

若冲展 釈迦三尊像と動植綵絵120年ぶりの再会 (学芸員に聞く見どころ):NBonline(日経ビジネス オンライン)

|

« ブルーノ・タウト展 | トップページ | 納豆パッケージのリデザイン »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若冲展:

« ブルーノ・タウト展 | トップページ | 納豆パッケージのリデザイン »