« 多摩美大坂上 | トップページ | 経営学修士の研究テーマ »

地域がよみがえるとき

Chiiki地域がよみがえるとき―“ルネッサンスなまち”の秘密を訪ねて,望月照彦・著

日本国内や海外のまちづくりの事例−ルネッサンスなまち−が多数紹介されています。

むかし、大学(学部)で「デザイン」や「意匠論」、「フィールド・ワーク」などの観点から‘まちおこし’や‘むらおこし’について学んだことがあります。

20年以上経って、こんどは経営学の分野(大学院の授業)で、「コミュニティー・ビジネス」「地域マネジメント」という観点から地域を見ることを学んでいます。

分野が違えば、重きをおく要素はもちろん違いますが、‘地域を見る目線’はたぶん同じです。答えはフィールドにあります。

目次:
1 人間サイズの手づくりの街
2 癒される街角
3 街のもてなし—タウンホスピタリティ
4 文化遺産を資本にかえる
5 新天地創造へ
6 旅のエッセンス

望月照彦ホームページ

|

« 多摩美大坂上 | トップページ | 経営学修士の研究テーマ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経営/経営学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域がよみがえるとき:

« 多摩美大坂上 | トップページ | 経営学修士の研究テーマ »