« 経営学修士の研究テーマ | トップページ | 【番組予告】「起業家はいま…〜ライブドアショック後のベンチャー像」 »

ブルーノ・タウト展を見る

2限の授業(多摩大)のあと青山のワタリウム美術館へ。ブルーノ・タウト展を見ました。

タウトの設計による「ジードルング(集合住宅)」の建築(写真と解説)が数多く展示されていました。1920年代に、このような住む人の生活の質を考えた‘集合住宅’が設計され建築されていたことに驚きます。

そして、現地のドイツでは、70年代から法律の定めによって、これらジードルングの復元と保護が行なわれているそうです。

タウトの筆による「画帳桂離宮」(1934年)の展示や、日本滞在中に指導・制作した工芸品のデザインに関する展示もたいへん貴重です。

5月27日(日)まで。ワタリウム美術館にて。

Information Design?!: ブルーノ・タウト展

|

« 経営学修士の研究テーマ | トップページ | 【番組予告】「起業家はいま…〜ライブドアショック後のベンチャー像」 »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブルーノ・タウト展を見る:

« 経営学修士の研究テーマ | トップページ | 【番組予告】「起業家はいま…〜ライブドアショック後のベンチャー像」 »