« 納豆パッケージのリデザイン | トップページ | サーチマーケティング(日本ウェブ協会セミナー) »

インタフェースを体験する

Wii_taiken新しいユーザ・インタフェースは、「体験」してみなければホントのところはわかりません。話を聞くのと実感してみるのでは大きなちがいがあります。

・・・ということで、プロジェクターの大画面を使って「Wii体験」してみました。あくまでも‘インタフェース・デザイン研究’の一環です、遊んでいるわけではありません(ここ強調するとこ。笑)。センサーをスクリーンの下にセットして、リモコンは問題なく動作しました。

今回がはじめてのWii体験で、いきなりこの大画面を前にリモコンを振ったひとがいました。終わってから本人いわく「もう自宅の小さな画面では満足できないかもしれない。」(^^; そうかもしれません。。。

画面の大きさって、「体験」ではかなり大きな要素ですね。アタマではわかっていても、やってみると‘実感’します。

|

« 納豆パッケージのリデザイン | トップページ | サーチマーケティング(日本ウェブ協会セミナー) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: インタフェースを体験する:

« 納豆パッケージのリデザイン | トップページ | サーチマーケティング(日本ウェブ協会セミナー) »