« リーダーシップのデザイン | トップページ | イノベーション25 »

Touching is believing

「iPhone - A Guided Tour」−発売間近のiPhoneのガイドツアーが公開されています。
Apple - iPhone - A Guided Tour

かなり詳細な説明ムービーが長時間アップされていて、まだ発売前のiPhoneの全体像が把握できます。

製品の「広告」(購買意欲を刺激する情報提供)として見ると、発売前の製品をここまで‘詳細に’説明するのは、案外めずらしいように思います。
たとえば、新型のケータイをこんなふうに宣伝・広告しているのは、あまり見かけません(知らないだけ?(^^;)。iPhoneがいままでにない革新的な製品だからこそ、でしょうか。

別の見方では、これからこの「新製品」に飛びつく人たち(アーリー・アダプター)に、あらかじめアプリケーションの使い方や操作方法を伝える‘チュートリアル’のような役目も(このガイドツアーが)果たしているようにも見えます。

アップルのことですから、iPhoneは、細部まで直感的に使えるインタフェースに仕上がっていると想像できますが、さらにこのような‘事前学習’できる情報を提供しておけば、新しい操作に戸惑う人を減らすことができます。手に入れてすぐ思い通りに使えれば製品の評判も上がります。

「革新的な新製品」のマーケティング戦略としてみても、よく考えられているように思いますが、ちょっと深読みしすぎでしょうか。。。(^^;

いよいよ今週末に発売ですね。

|

« リーダーシップのデザイン | トップページ | イノベーション25 »

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

そうとう気合入ってますね。
バグなんか出せない、
というか、出さない自信さえ感じます。

しかし、キーボード打ち間違えしないのでしょうか?
ただでさえ外国人は指太いのに。。。

投稿: dash8 | 2007.06.28 00:20

Mac,iPodに次ぐ、3本目の柱を立ち上げようとしているのですから、
力の入りようも尋常ではないです。
昨日はアクティベーション+シンク、今日はキーボード編です。
http://www.apple.com/iphone/usingiphone/keyboard.html
毎日一本とすると、明日は何でしょう。(笑)もう無いはず。

メディアのレビューも公開されてきていますね。

ソフトキーボードにしてある意味正解だったかも。
コピーペーストがないとか、ページの先頭に戻るのに、ひたすら指でなでないといけないとか。
欠点があれば、すぐに修正できますし。

メールの虫眼鏡機能は、SafariやGoogleMapsにもほしいですね。

投稿: しろとら | 2007.06.28 03:01

しろとらさん、コメントありがとうございます。

ま、まだ増えてるんですね、ムービー。。。終わりかと思った。
すごいですね。

こうなると、実は、「チュートリアル用に作ったムービー」を、順番に公開しているだけなんじゃないかとさえ、思えてきます。(^^;

投稿: よしはし | 2007.06.29 01:36

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Touching is believing:

« リーダーシップのデザイン | トップページ | イノベーション25 »