« 7月21日(土)多摩美校友会のイベント | トップページ | 「計画力」を強くする »

「誰のためのデザイン」と「プロトコル分析」

第1課題の教科書は「誰のためのデザイン」。そして第2課題は「プロトコル分析」。

多摩美の授業?…ちがいます。武蔵野美術大学・視覚伝達デザイン学科の授業です。

企業でインタフェース・デザインの仕事をされているKさんが、この後半の演習を担当されていて、つい最近、この話をお聞きしました。この授業は4年前からやっているそうです。知りませんでした。

そしてさらに、視デのwebサイトを見ていたら、Sさんの‘ウェブ・ユーザビリティー’に関する講義を発見。しかも3年生の必修科目!。(Sさんは、この分野での第一人者です。)

「インタフェース・デザイン」を特に看板に掲げていない学科でも、こういう授業が行われるようになったのですね。どなたかがこのようなカリキュラムを設計しているわけですから、‘わかるひとはわかっている’ということでしょう。

視覚伝達を専門とする学生さんたちが、授業でノーマンの本を読み、プロトコル分析の演習をする。ウェブ・ユーザビリティーを学ぶ。・・・なんだか時代が変わった感があります。(でも、こういう感覚はもう古いんだな、きっと。)(^^)

武蔵野美術大学

|

« 7月21日(土)多摩美校友会のイベント | トップページ | 「計画力」を強くする »

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

「実は、もっと前からやってました。」という情報をいただきました。−先見の明、っていうやつですね。(^^)

投稿: よしはし | 2007.07.12 19:19

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「誰のためのデザイン」と「プロトコル分析」:

» ムサビネコ [kojicozyの散歩日和]
ムサビ視デにて情報デザインの演習 、第2課題ユーザビリティテストの中間報告を聴 [続きを読む]

受信: 2007.07.14 09:49

« 7月21日(土)多摩美校友会のイベント | トップページ | 「計画力」を強くする »