« あすから−多摩美オープンキャンパス | トップページ | あすオープンキャンパスへご来場の方へ »

感じるマネジメント

Kannjiru感じるマネジメント
リクルート HC ソリューショングループ・著

企業の「理念」とはなにか、理念を「共有する」とはどういうことか・・・世界30カ国、10万人の社員に「デンソー・スピリット」を伝え広めたプロジェクトの報告。

方法を探りしくみをつくり上げるストーリーもさることながら、エピローグに紹介された各国ごとの独自の実践や展開が非常に興味深い。

「地域によって共有の具体策は違っていてもかまわない」(本書より)−この‘しなやかさ’にプロジェクトの持つ創造性や豊かさの一端を感じる。

(ずいぶん前に購入したのだが、読み切れずにいた本。やっと読了。(^^))

デンソー・スピリット:「先進」「信頼」「総智・総力」
株式会社デンソー 会社情報

株式会社デンソー
リクルート HCソリューショングループ情報サイト

|

« あすから−多摩美オープンキャンパス | トップページ | あすオープンキャンパスへご来場の方へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

経営/経営学」カテゴリの記事

コメント

私も修論を提出し終わって、最初に読む本に指定してある本です(笑)。
こないだ、紺○先生が持っていたとの情報あり。

感想でも聞かせて下さい。

投稿: Figaro | 2007.07.20 18:55

著者の高津さんとは「感じる・・・」繋がり(拙著:感じるプレゼン)で知り合いになりましたが、人を惹きつける、強力でさわやかな引力をお持ちの方です。

紺○先生は「感じるプレゼン」もお持ちのようですよ。(というか私が半ば無理やりお渡しした・・・)

投稿: イソムラ | 2007.07.21 00:11

Figaroさん、イソムラさん、コメントありがとうございます。

著者の高津さんとは、ある会合でお会いしました。
イメージや雰囲気などカタチにならないものを「広く伝える」ことは、デザイナーの得意とする仕事の一つですが、伝えるものが「理念」となると話は簡単ではありません。まして、それがまだ明確でなかったりすると、やっかいです。

僕は、「歴史的・経験的に実証された」方法にこだわっているところが、興味深かったです。自分だったら、創造的なやり方に興味が行ってしまい、こういう点はほとんど気にしない(笑)と思うので。(でも、「この方法が良い」と説得できないとツライですよね。どちらの方法が良いのかは一概には言えませんが。)

投稿: よしはし | 2007.07.23 00:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 感じるマネジメント:

» 「感じるマネジメント」 [イソムラ式]
マイミクさんが執筆された「感じるマネジメント」 「感じるプレゼン」とは関連ありませんが、私が普段感じている問題意識と一致している点が多く、また非常にわかりやすい文体で実践的な方法を提示しており、大変有意義な一冊でした。 デザイナーとしてモノづくりに従事していますが、自分の提案を商品化に繋げるためには、いかに多くの方の共感を得られるかがポイント。そのために「モックアップを作る」「シミュレーションを作る」など様々なツールを駆使していますが、「感じるマネジメント」で紹介されているのは「会社... [続きを読む]

受信: 2007.07.21 00:03

« あすから−多摩美オープンキャンパス | トップページ | あすオープンキャンパスへご来場の方へ »