« アマチュア論。 | トップページ | 平山郁夫 展 »

ノーマンを読む

Norman_ws「ノーマンを読む―「誰のためのデザイン」に学ぶ認知の基礎」

日本ウェブ協会 UXWG主催のワークショップ(1日め)を行いました。(写真は事務局の許可を得て掲載。都合により一部加工あり。)

今回は、参加者が見つけた事例を取り上げて議論したり、本に書かれた内容をまとめ、さらに発展させたりという「ワークショップ」のスタイルを取っています。また(講義を聞くだけでなく)「誰のためのデザイン」をほんとうに‘読んで’います。

ワークショップ形式の学びの利点は参加者が主体的に学べる点です。講義をただ聞くだけのスタイルよりもより深い理解へとつながるので、本に書かれた知識を「自分のものとして身に付ける」ことができます。明日は2日めです。

ワークショップ Vol.1(WG主催):日本ウェブ協会

誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論 (新曜社認知科学選書)

|

« アマチュア論。 | トップページ | 平山郁夫 展 »

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーマンを読む:

« アマチュア論。 | トップページ | 平山郁夫 展 »