« 1年生デザイナーの1週間 | トップページ | デザインと競争力 »

「最高学府はバカだらけ」という本

Saikou_gakuhu最高学府はバカだらけ―全入時代の大学「崖っぷち」事情

----【おことわり:07.09.24追記】---
この本の著者である石渡さんのウェブサイトの記事(http://reiji0.exblog.jp/7484162/)で、このエントリーが紹介されていますが、ここで私が述べた意見は「吉橋個人」のものです。(このブログ自体も個人ブログとして運営しています)。
以下の私の意見は個人のものであり、「多摩美大の教員としての公式な見解ではない」ことを、念のためおことわりしておきます。
m(_ _)m
----------

僕が言ってるんじゃありませんよ>タイトル。(言い訳のように‘という本’と付けてしまったよ。)

いやー、まったく‘刺激的な’タイトルをつけてくれます。(^^; 著者はライターの石渡嶺司氏(大学ジャーナリスト)(…って、そういう職業あるの?ね?)
こんな本を大学の教員(ワタシ)がブログで紹介していいのかと思いつつ(笑)。

読み始めたところですが、ざっと目を通しただけでも固有名詞(大学名)がバンバン出てきます。‘大学関係者’は冷静に読めないかも(苦笑)。学生についても歯に衣着せない物言いで、大学ぜんぶを敵に回すつもりかと(笑)。

大学を卒業するまでに学生が「成長する」様子を、著者は‘化学反応’と呼び、そのことに強い関心を寄せています。この点はとても共感できるのです。

・・・読んで気分を害しても、僕のせいじゃありませんよ。(^^;

ライター石渡嶺司のブログ

ちなみに、、、

多摩美大・多摩大は本文中には登場せず、ページ下の欄外にある「ハミダシ大学情報」に取り上げられています(ほんの2行だけ)。(多摩大:P102、多摩美大:P103、50音順なので並んでる(^^;)

なお、この欄に取り上げられているのは‘筆者の琴線に触れた大学’だそうです。

|

« 1年生デザイナーの1週間 | トップページ | デザインと競争力 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「最高学府はバカだらけ」という本:

« 1年生デザイナーの1週間 | トップページ | デザインと競争力 »