« 白身魚とシーフードのカリー | トップページ | 札幌3日目 »

認知科学@札幌

Sapporo_1 Sapporo_2

札幌市立大学(芸術の森キャンパス)で集中講義「認知科学」(4日間)を担当しています。きょうは1日目、朝9時から4コマの講義を行いました。対象学年は2年生・約40名、札幌市立大学デザイン学部の「一期生」です。

実は、市立大はまだ‘夏休み’です。9月中旬の開講を打診されたのですが、多摩美の後期が9月10日から始まってしまうため、調整してこの時期の開講をお受けしました。

市立高専はむかし訪問したことがあるのですが、既存の校舎に加えて新しく市立大学のための建物が建っていました。きれいでかっこいいです。(^^)(写真左:大学と高専の共通エントランス、写真右:講義室,休み時間に撮影)

札幌市立大学
札幌市立高等専門学校

授業は、インタフェース・デザインや認知の理論の説明を交えながら、ノーマンの「誰のためのデザイン」を読んでいきます。
‘ずっと本を講義し続ける’という4日間では、教える方も聞く方もお互いに‘つらい’(^^;ので、多摩美の学生作品や共同研究の事例などをはさみつつ、理論だけでなく応用や発展をなるべく具体的にイメージできるように進めていく予定です。

|

« 白身魚とシーフードのカリー | トップページ | 札幌3日目 »

情報デザイン」カテゴリの記事

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

市立大に行かれてるんですね。
私も昨年度までの3年間ほど、毎年8月中に3D CAD(SolidWorks)講座のためにお伺いしてました。もう朝夕の空気は秋の匂いでしょうかねぇ…。

投稿: テツタロウ | 2007.09.04 00:00

テツタロウさん、コメントありがとうございます。

朝晩は肌寒く、上着が必要です。
こちらに来てからずっと曇り空、雨模様なので、空気もしっとりしていて、気分は「もう秋」です。

投稿: よしはし | 2007.09.05 09:58

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 認知科学@札幌:

« 白身魚とシーフードのカリー | トップページ | 札幌3日目 »