« ファッションノート | トップページ | 本当に強い大学 2007年 »

テーブルの上の建築

Table_archテーブルの上の建築
12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー

(財)岐阜県産業デザインセンター オリベデザインセンターのプロジェクト。

日本を代表する建築家が、カップとソーサーを‘設計’している。設計のプロセスを示すスケッチや図面、指示図などに建築家それぞれの考え方やアプローチの違いが現われていて、なかなか興味深い。

建築家は、青木淳、磯崎新、伊藤豊雄、隈研吾、妹島和世、高松伸、竹山聖、團紀彦、長谷川逸子、坂茂、葉祥栄、六角鬼丈の12人。

このプロジェクトはもともと製品化を目指して行われたようで、12セットのそれぞれのカップ&ソーサーは(株)仁秀のサイトで購入することができる。
コンセプトモデルの提案を主な目的にする‘デザイン・プロジェクト’が盛んに行われる一方で、このような‘製品化をはっきりと指向する’という取り組みもまた重要だと思う。

オリベデザインセンター
仁秀.com/12人の現代建築家による12のカップ&ソーサー

ラトルズの本:テーブルの上の建築 12人の現代建築家がデザインした12のカップ&ソーサー

|

« ファッションノート | トップページ | 本当に強い大学 2007年 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

デザイン全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーブルの上の建築:

« ファッションノート | トップページ | 本当に強い大学 2007年 »