« 私は私をあとにして | トップページ | インタラクションデザイン熟考 »

映像ビューワとしての「iPod touch」

Ipod_touch動画のデータを入れて再生してみたら、かなりいい感じです。
写真は"CBS Evening News"を再生しているところ。CBS - Video: CBS Evening News with Katie Couric(Podcast 無料)

指先でブラウジングしてタッチして再生する、という一連の操作が、映像を見るのには快適です。このインタフェースは‘快感’ですらあります(^^; 画面の大きさもこのくらいあれば十分に視聴に堪えます。

以前、PSPや第五世代のiPodにも映像を転送して試してみたのですが、次々と転送していろいろ観たいというモチベーションにはつながりませんでした(転送や変換が面倒だったり、いろいろ条件が重なってます)。今回は、映像を入れ始めて2日目にしてもう「たくさん」入ってます。(^^;

Podcastからなら手間もほとんどなく、ニュースや映画の予告編などがiPod touchで観られます。スゴ録で録画したTV番組も(変換にひと手間かかりますが)この画質ならOKですね。フォーマット変換が簡単にできるソフトがあったり(マシンのスピードが上がって)エンコードが高速にできるようになったのも気軽に使える条件として大きいと思います。

テレビ録画は保存版にするんじゃなければこれで十分。(ひと手間の変換が面倒なので)これからスゴ録じゃなくて直接Macに録ろうかなぁ。。。日本のニュース番組も(前夜のでいいので)配信して欲しいけど。

|

« 私は私をあとにして | トップページ | インタラクションデザイン熟考 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映像ビューワとしての「iPod touch」:

« 私は私をあとにして | トップページ | インタラクションデザイン熟考 »