« インタラクションデザイン熟考 | トップページ | 社会起業家という仕事 »

ウェブ時代をゆく

Web_jidaiウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか

この本、若者は読むべきですね。
…‘若さ’の基準は自己申告ってことで。(^^)

大学生は必読かなぁ。就活する前に読んだほうがいい、かも。(^^;

六章七章あたり、組織や働き方に関わる話題も。

序章 渾沌として面白い時代
第一章 グーグルと「もうひとつの地球」
第二章 新しいリーダーシップ
第三章 「高速道路」と「けものみち」
第四章 ロールモデル思考法
第五章 手ぶらの知的生産
第六章 大組織 vs. 小組織
第七章 新しい職業
終章 ウェブは自ら助くるものを助く

筑摩書房 ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか 梅田望夫 著

|

« インタラクションデザイン熟考 | トップページ | 社会起業家という仕事 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

就職や仕事の本」カテゴリの記事

経営/経営学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェブ時代をゆく:

« インタラクションデザイン熟考 | トップページ | 社会起業家という仕事 »