« MUJI AWARD 02 展 | トップページ | 卒制審査会・終了 »

卒制審査会1日め

プレゼンのうまいへたに関わらず、努力してコツコツと積み上げてきたひと、試行錯誤を重ねて最善を尽くしたひとの作品は「そのように」見える。少し言葉が足りなくても作品の持つ力強さがそれを補ってくれる。

そして、そうでない人の作品はそうでないように見えてしまう。ごまかしようもない。

「表現されたもの」はとても正直で、そこに込められた情熱と時間を、包み隠さずに皆の前に晒してしまう。表現の世界を志す人なら、誰の目にもそれは明らか。

(さらに、口には出さないけれど、それをいちばんわかっているのは、表現した本人だったり。)

・・・コワイですよね、この世界は。‘身を削る’世界だから。(^^;


明日は後半2日め。さて。

|

« MUJI AWARD 02 展 | トップページ | 卒制審査会・終了 »

情報デザイン」カテゴリの記事

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒制審査会1日め:

« MUJI AWARD 02 展 | トップページ | 卒制審査会・終了 »