« iPhoneショック | トップページ | 「上司」不要論。 »

専修大学のプロジェクト発表会を見る

Project03_2 Project01
15日昼から専修大・ネットワーク情報学部のプロジェクト発表会へ。

「Happy Hamlet-迷いを楽しむオンラインショップのインタフェース開発」(Project19-8)は、買い物であれやこれやと「迷う」ことの楽しさを、オンラインショップでも積極的に提供しようという提案です。(写真上右)

作品「+PlusList」は、ショッピングサイトから好きな商品を選んで「リスト」にDrag&Dropし、じっくり比較検討することができます。MacOSXのアプリケーションとして実装されていました。
「HITOKOTO」(写真下)は、誰かの「いいねー」のひとことが買い物のきっかけになるということに着目しています。傘を販売するネットショップを想定して、ウェブサイトが実装されていました。

Hitokoto
www.hitokoto2007.com(12月20日公開予定)

展示されていた「プロセス」を見ると、どちらも動くものを作ったうえでユーザー・テストまでしっかり行って改良を加えています。この気合いの入り方はすごいです。
プロジェクトに参加した学生さん(3年・女子学生2名)に話を聞いたら、将来の進路はふたりともSE(システム・エンジニア)だそうです。こういうセンスのSEが世の中に増えてくれたらデザイナーは仕事がしやすいと思いますが、ふと、情報デザインの仕事をして欲しいなぁーとも思ったり。
企業のデザイン部門のみなさん、ここにもいい学生がいますよ。(^^)

他のプロジェクトチームの展示もいくつか見たのですが、いずれもシミュレーションではなく、プログラムで実際に動作するように作られています。これがネットワーク情報学部のプロジェクトのひとつの特徴です。

「カゲマチ」:
カメラやセンサー、GAINERを使って実装した光や音の出るインタラクティブな空間(「Project19)
「ColorCube-色彩遊-」:
色の付いたキューブ(立体)をカメラにかざすと照明器具に見立てたカラーLEDのライトが様々に色を変えたりする作品(Project19)
「UCHIPOCKET WALKER」:
QRコード付きの案内カードとケータイを組み合わせて観光案内をするシステム(Project9)

他にも、Shadeを駆使して専修大学の生田キャンパス(校舎がたくさんあります)の3Dモデルを作り上げた学生がいて、ちょっとびっくり(資料はほとんど自分で集めたのだそうです)。ウォークスルーの映像がかっこよかったです。「Campus Visualization/専修大学ブランディングプロジェクト」(Project17)

毎年この展示会を見ると、‘美大やデザインの専門学科’での「情報デザインの教育」について考えさせられます。何を特徴にして何で勝負したらいいのだろうか、と。いい刺激を受けます。
熱心に説明してくれた学生のみなさん、ありがとう。良い展示会でした。

Information Design?!: ネットワーク情報学部 プロジェクト発表会

|

« iPhoneショック | トップページ | 「上司」不要論。 »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

かなり丁寧に見て頂いたと学生らも喜んでおりました。ご紹介までして頂いてどうもありがとうございます。

学生主体プロジェクト学習では、毎年、関与の割合に頭を悩ませてばかりです。でもインタフェースは、教育現場でも技術側とデザイナ側で割と共通言語になっているところがありますね。そういう部分は自分でも勉強になります。


今年のテーマは見ていてとても面白かったですが、来年はまた全く違うテーマをやることになりそうです・・・。はぁ。

投稿: kamihira | 2007.12.17 23:33

学生さんたちが元気で、積極的に「説明しましょうか?」と声を掛けてくれるので、つい長居してしまいました。(^^;

前期の僕の講義に出ていた人たちもいて、講義の時とは違う顔が見えたのも楽しかったです。講義の時にはつまらなそーな顔だったのに(笑)、プロジェクトとなると「なんだ、なかなかやるじゃん」みたいな。(^^)…今年はなんだか親近感が湧いた展示会でした。

(テーマは)確かに「継続」できるといいのですが、(いろんな条件があるので)なかなか難しいですよね。

投稿: よしはし | 2007.12.18 00:32

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専修大学のプロジェクト発表会を見る:

« iPhoneショック | トップページ | 「上司」不要論。 »