« デザイン・インスパイアード・イノベーション | トップページ | 感情研究−認知と感情 »

怪獣「撮り」放題。

Ultra
「ウルトラマン大博覧会」の最終日にすべり込み。日曜なのに入場者は大人ばっかり(笑)。子供連れもいたけれど、子供はちょっと飽きている(むかしの資料にはあまり興味なさそう)。明らかにお父さんがもう‘夢中’です。

上の写真は、会場に入ってすぐの「怪獣撮影コーナー」(このエリアは撮影OK)。

Metron Windom_2
「メトロン星人」と「ウィンダム」 (^^)(ついて来れる方だけ、どーぞ。)

貴重な資料が山のように展示されていて、夢中で見てしまいました(私も...)。

撮影できなかったけど、「科特隊のヘルメット、制服」(撮影に使われた本物),「ウルトラホーク1,2,3号の模型」(展示用)「ポインター号の模型」(精巧なレプリカ)とか、かなり‘萌え’ました。キングジョーの頭部模型(撮影に使用)あたりも感涙もの。

Information Design?!: ウルトラマン大博覧会

また見たくなった方はどうぞ。・・・自分が買ってしまいそうだけど(笑)。

DVD ウルトラQ 全7巻セット
DVD ウルトラマン全10巻セット
DVDウルトラセブン 全12巻セット

|

« デザイン・インスパイアード・イノベーション | トップページ | 感情研究−認知と感情 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

行きましたか!行きましたね(笑)

故・大伴昌司さんの怪獣図解が出来ていくプロセスに、情報デザインの原点を見たような気がします(大袈裟笑)

投稿: ソノヤマ | 2008.01.21 09:18

行きましたよ。行ってよかったです。(^^)

僕は「セブン」派。…って何のグループだ?(^^;

投稿: よしはし | 2008.01.21 13:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怪獣「撮り」放題。:

« デザイン・インスパイアード・イノベーション | トップページ | 感情研究−認知と感情 »