« 自分ブランドの教科書 | トップページ | グラフィックデザイナーの歩き方 »

マーフィーの法則、みたいな?

(TGS 22期の修論追い込み中のみなさんへ。)
「修論提出前に(ひと足早く提出だった)私の身に起きたこと」。昨晩から今日の実話。一部脚色あり(^^;

<出力編>
・ファイルのサイズが大きくて全ページ一気にプリントすると止まる。ファイルをふたつに分けたらページ番号がズレている。
・ちょっと曲がって印刷される。
・全体的に印字が用紙の右に寄っている
・プリントの設定を一ヶ所いじったらうまくいった。次のプリントの時にさっきの設定を覚えていない。
・ふと見るとプリンターが途中で小休止している(調整モード)。家庭用のインクジェットプリンターは連続大量印刷に慣れていない。
・印刷の間にひといき入れているとインク切れで止まる。黒色「以外」のインクがなくなる。

<完成直前編>
・最終のプリントアウトの三枚目に誤字を見つける。どうするか悩んでいると同じページの2個めの誤字が目に入る。
・気になってぜんぶ読み返すと結局10ヶ所くらい修正する。でも目次の間違いには気付かない。
・いざ両面コピーをとろうとすると目次の大きなミスに気づく。近くにパソコンはない。

マーフィーの法則 - Wikipedia

・むかしを思い出して切り貼りでしのぐ(手先が器用でよかった)。
・コピー機の今まで使ったことがないような機能を駆使する。最近のコピー機はすごいと感動。
・提出分に加えて2部余分にコピーしたらクリップが足りない。
・片面印刷した厚みのある原稿を両面コピーすると厚さが半分になる。一瞬さびしい。

<提出編>
・提出に行くため多摩美の研究室を出たら学生に就職の相談を受ける。
・永山はとても寒い。

おまけ。
<修業編>
・目の前にいる指導教授から言われていることは、自分がきのう多摩美の学生に言ったことと全く同じ。orz
・いざ書こうと思ったらぜんぜん書けない。なぜ書けないのかすらわからない。
・組み立てようとしているのに何ひとつ組み立たない。orz
・ひとのことは客観的にみて指導できるのに自分の進む方向はわからない。
・最後の追い込みの夜に仕事の原稿催促のメールが届く。。。

|

« 自分ブランドの教科書 | トップページ | グラフィックデザイナーの歩き方 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ははは!面白い!!

・・・って自身にも当てはまる部分が多く笑ってばかりもいられませんが。

・・・でも面白いものは面白い!

投稿: 桑畑 | 2008.01.20 02:02

桑畑さん、ごぶさたです。

本人(この場合は私)は、締切目前で追い込まれた状況にあり、すっごく真剣なんですよねー。
そういう中で、こんなことが起きてしまうのが、なんとも「マーフィー」たるところです。
スポーツの珍プレーに似てる?・・・ちょっとちがうか。(笑)

投稿: よしはし | 2008.01.20 13:04

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーフィーの法則、みたいな?:

« 自分ブランドの教科書 | トップページ | グラフィックデザイナーの歩き方 »