« マーフィーの法則、みたいな? | トップページ | 武蔵野美術大学 卒業制作展 »

グラフィックデザイナーの歩き方

Graphic_designerグラフィックデザイナーの歩き方
1年生クリエイター成長日記

グラフィックデザイナーといっても、内容は印刷・出版系の仕事の話がメイン。これがグラフィックデザイナーのすべてではないので、そこは理解して読みましょう。

これから就活する人とか、4月から3年生になって将来につながる専門の勉強が始まる人とか、参考になるでしょう。

「情報デザイナー(そんな職名はないけど)の歩き方」みたいな本があると、きっとみんな悩まなくてすむのかもしれないけれど、なにせ新しい分野なのでノウハウや典型的なパターンみたいなのは、探しても無いのデス。

多摩美のグラフィックデザイン学科出身の佐藤可士和さんがアート・ディレクターという肩書きで「自分のブランド」を作り、様々な分野にチャレンジして一流の仕事をしているのを見れば、‘○○デザイナーの典型的な仕事のパターン’なんていうのはないんだって思えるはず。

書籍案内:グラフィックデザイナーの歩き方|gihyo.jp … 技術評論社

関連記事:Information Design?!: 新人デザイナーの仕事

|

« マーフィーの法則、みたいな? | トップページ | 武蔵野美術大学 卒業制作展 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

デザイン全般」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラフィックデザイナーの歩き方:

« マーフィーの法則、みたいな? | トップページ | 武蔵野美術大学 卒業制作展 »