« 上野毛デザイン展を見に行く | トップページ | Webプロデュース・Webディレクション »

SoftBank & Tama Art University Joint Project "WA"

Wa01 Wa02
多摩美プロダクトデザインとソフトバンクモバイルとの産学共同研究の展示会を見てきました。

テーマは「わ (wa)」。人と人、人と社会をつなぐ道具やしくみはどうあるべきかを考え「20年後のコミュニケーションツール」を提案しています。プロダクトデザイン専攻の3年生と修士の1年生が、プロジェクトに参加しています。(写真左は展示の様子。右は提案をまとめた冊子の一部。)

携帯ショップの一角に、16コの提案が並んだ壁面いっぱいのボードが展示され、光る色でコンセプトやアイデアを演出していました。右端にある画面には提案をストーリーで示したムービーが流れています。提案の冊子は、マンガのような‘コマ割り’のお話し仕立てになっていて、ひとつながりのお話の中に16コの「20年後の出来事」が描かれています。

SoftBank & Tama Art University Joint Project "WA"
2008年2月15日(金)〜22日(金)10:00〜22:00
ソフトバンク表参道

多摩美のプロダクトデザインが(ぴかぴかのモックアップを並べずに)、あえてこのような「出来事を描く」ことにフォーカスを当てていたのは、ちょっとびっくりしました。

「出来事をデザインする」「経験をデザインする」というのは、もう情報デザインだけの‘得意技’ではないということですね。・・・もっとも、いまの時代を思えばむしろ当然で、おどろくようなことではないのかもしれません。(^^;

関連記事:ソフトバンク、多摩美術大との共同プロジェクト
リンク:TAMA ART UNIVERSITY Department of Product:多摩美術大学 プロダクトデザイン研究室

たまびNEWS Blog経由。)

|

« 上野毛デザイン展を見に行く | トップページ | Webプロデュース・Webディレクション »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

デザイン全般」カテゴリの記事

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SoftBank & Tama Art University Joint Project "WA":

« 上野毛デザイン展を見に行く | トップページ | Webプロデュース・Webディレクション »