« 横浜デジタルアーツの卒業制作展から | トップページ | 桐の魅力を引き出すプロダクト展を見る »

多摩美・プロダクトの卒展を見に行く

表参道近辺で多くの卒展や成果展が開かれていました。4つ見てきました。

Pd2008

上の写真は多摩美・プロダクトデザインの卒展会場の様子です。いやーーー、すごい。昨年もすごかったのですが、また一段とパワーアップしてます。見たことのないアプローチや表現もたくさん並んでいます。
4年生で取り組む「Deepen」という‘思考を深めていく’プログラムが、レベルの高い作品の源泉のひとつでしょうか。どれを紹介しようか迷うくらいレベルの高い作品ばかりです。

Pd2008_water1 Pd2008_water2

写真は「水のデザイン」(高山翔吾)。水のもつ気持ちよさや清涼感を知ってもらうための公共の水場のデザイン提案です。
他にも、「ココロ・カラダと会話する弦楽器」(中道大介)、「布グリッドを活かした広告媒体の研究」(星匡朗)、「現代において装飾の価値を見出す」(佐藤知美)など。紹介しきれないので、見てください。(^^;

9日(日)16:00まで、原宿クエストホールにて。

TAMA ART UNIVERSITY Department of Product:多摩美術大学 プロダクトデザイン研究室

|

« 横浜デジタルアーツの卒業制作展から | トップページ | 桐の魅力を引き出すプロダクト展を見る »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

デザイン全般」カテゴリの記事

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩美・プロダクトの卒展を見に行く:

« 横浜デジタルアーツの卒業制作展から | トップページ | 桐の魅力を引き出すプロダクト展を見る »