« ヴィンテージコンピュータの美 | トップページ | 日本の手仕事道具 −秋岡コレクション »

多摩美・工芸学科の卒展から(追記)

青山スパイラルで工芸学科の卒展を開催していました(8日に見てきました)。実は工芸学科の「卒展」を見に行くのは初めてです。

Itoh01 Itoh02

「竃馬媒駆」伊東靖和
作品はバイクとカマドウマが混じりあったもので、人間に踏みつぶされたカマドウマの復讐をする、という物語だそうです。(伊東さん・談)(カマドウマは‘昆虫’ですね。)
素材は、陶、鉄、木です。バイクの胴体にあたる部分は‘陶’で作られています。写真でうまく伝わるかわかりませんが、かなり迫力があります。

Wakabayashi02 Wakabayashi03

「ジュエリー・サラダ」若林良江
野菜をモチーフにした作品です。右の写真はジュエリーのように首からかけた様子です(展示されていたパネルを撮影したもの)。
アルミを加工して染色しています。繊細なかたちと美しい色にひきつけられました。

素材の使い方の自由さ、素材の奥深さ、表現の自由さ。。。いろいろな刺激を受けました(^^)。伊東さん、若林さん、会場ではていねいにご説明いただきありがとうございました。

多摩美術大学工芸学科卒業制作展2008
多摩美術大学 工芸学科

|

« ヴィンテージコンピュータの美 | トップページ | 日本の手仕事道具 −秋岡コレクション »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩美・工芸学科の卒展から(追記):

« ヴィンテージコンピュータの美 | トップページ | 日本の手仕事道具 −秋岡コレクション »