« 武蔵美「いわむろのみらい」展を見に行く | トップページ | 多摩美・プロダクトの卒展を見に行く »

横浜デジタルアーツの卒業制作展から

Digital_arts01 Digital_arts02

7日に見に行きました。

写真左:展示パネル「すごい!ペルソナ/シナリオ法」(小出有紀・熊野幸代・長谷川真衣・岡村朋美・木村美夕紀・小森遥香・西坂春香)。手法の概要や導入による効果の説明と、それを利用して行った産学共同研究やインターンシップをまとめてあります。
写真右:「横浜市web広報 ハマプラ」「SNSの共同研究」。ペルソナ/シナリオ法を使ったデザイン開発の事例紹介です。

いずれも情報デザインゼミ(指導:浅野智先生)の展示から。…なんだか大学の研究室の展示のようです。専門学校のレベルを超えてるんじゃないかと。。。(^^;

このペルソナ/シナリオ法については、情報デザインゼミの学生さんだけではなく、web科のみなさんも授業の中で学んでいるそうです。けっこう難しい内容だと思うのですが、きっと仕事を始めてからその価値に気付くんじゃないでしょうか。だって、すぐ使えるもの。(^^;

その他、ゲーム科の作品も力作でした。グループでシューティング・ゲームを制作しパッケージ化されていました。興味があったので「どういうプロセスで、どうやってデザイン/制作していくのか」を説明員の学生さんを引き止めて詳しく聞いてしまいました。来年度の授業のネタにします。(^^;

デザイン専門学校[横浜デジタルアーツ専門学校YDA]|神奈川・横浜でグラフィック・イラスト・ゲーム・CG・Web・音楽を学ぶ

|

« 武蔵美「いわむろのみらい」展を見に行く | トップページ | 多摩美・プロダクトの卒展を見に行く »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

コメント

お忙しい中、遠路関内までお越し頂きましてありがとうございました。
ご指導いただいた学生たちも喜んでおりましたよ。

投稿: アサノ | 2008.03.09 08:30

私は才能が無さ過ぎるクズです!!!!!!!!!!!!!!!!
なあああああああああああああああああああ?!!!!!!!!!!
私の耳の形世界で1番キモチワルイですが、これはカビの成分です
真面目のわりには勉強ができない

私の食事は朝昼晩
主に生ゴミ、カビ 飲み物と言うと、下水道の水です。
大好物はカビのついた生ゴミです。この食生活は私にすごく似合っているので納得しています。
私はそんな価値しかないんだ。それ以下でした。本当

投稿: (アサノ) | 2008.07.23 21:40

(アサノ)様
ブログ主宰・管理者の多摩美大・の吉橋です。

記事の内容と関係のないコメントは、このブログではご遠慮いただいております。各大学の学生のみなさんも多く読まれておりますので、教育の面からもご配慮くださいますようお願いいたします。

また、このブログでは以前から、横浜デジタルアーツの浅野先生が「アサノ」というハンドルネームをお使いです。恐れ入りますが、混同を避けるため、別のハンドルネームをお使いいただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

投稿: よしはし | 2008.07.23 21:58

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜デジタルアーツの卒業制作展から:

» 卒業制作・進級制作展開催中 [情報デザイン研究室]
 この週末7日(金)から9日(日)にかけて横浜関内のZAIMで、本校の卒業制作・進級制作展を開催しています。  ZAIMは、「旧関東財務局」の建物なので「ザイム」、レンガ造りの歴史的建造物を利用したギャラリーです。横浜にあるデザインの学校としては、こういう場所で卒展が出来るのは嬉しいことです。  ゲーム科の展示。私もチャレンジしてみましたが、難しいですね。  Web科の学生達は、申し合わせたのかスーツ姿で説明していました。  我が情報デザインゼ... [続きを読む]

受信: 2008.03.09 08:39

« 武蔵美「いわむろのみらい」展を見に行く | トップページ | 多摩美・プロダクトの卒展を見に行く »