« 2年生「変化のデザイン」の作品紹介 | トップページ | 4年生ゼミの卒制テーマ »

ゼミ(4年生,院生)の作品紹介

Ganmo Satuma
左「がんもどきのつくりかた」(部分)吉川荘子・柳智美,
右「さつま揚げのつくりかた」藤澤衣里(いずれも4年生)

前期ゼミの作品から紹介します。前期の吉橋ゼミ(4年生と大学院1年生)では、4,5月に卒制や修士研究と平行して以下のようなインフォグラフィックスの課題を行いました。(矢野ゼミと合同。担当:矢野英樹・吉橋昭夫)

「おでんのつくりかたー体験して描くインフォグラフィックス」

課題はまず、(矢野先生おすすめの)湘南にあるおでん屋に出掛けて「おでんを食べる体験」でスタートします。次に自分が選んだ具材を作ってみます。作り方を調べて道具や材料を揃え、おでんの具を一から自分で作ります。作ってみると、レシピには書いていない様々なコツや情報に気づきます。

体験することでわかった手順やコツ、気づいたことなどを他の人に伝わるように記述して、ゼミの他の人にも作れるかどうか試してもらいます。だいじな情報が抜けているとうまく作れません。

最後に、それらの体験をもとにして「おでんのつくりかた」を伝えるインフォグラフィックスにまとめました。

作品は19,20日のオープンキャンパスで展示します。情報デザイン棟3階 学科研究室25-325前の壁面。合わせて、前期卒業制作の審査会ポートフォリオも展示します。

|

« 2年生「変化のデザイン」の作品紹介 | トップページ | 4年生ゼミの卒制テーマ »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

情報デザイン」カテゴリの記事

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゼミ(4年生,院生)の作品紹介:

« 2年生「変化のデザイン」の作品紹介 | トップページ | 4年生ゼミの卒制テーマ »