« 呉フィールドワーク あるいは フライケーキ | トップページ | 来週は、前期 卒制審査会 »

楽観脳

Rakkan_nou楽観脳−最後に笑うオプティミストになるために

プライス・プリチェット(著)。オビの推薦の言葉は茂木健一郎氏。

「ポジティブになること」よりも、「ネガティブにならないこと」の方が重要。(ステップ4 より)
楽観的な考え方を身につけるには、まず、悲観的な考え方をやめる。(ステップ5 より)
楽観脳の働きを保つには、練習が必要。(ステップ12 より)

・・・なにかにつけ「不安」を口にする‘いまどきの若いひとたち’は、手に取ってみるといいかも。

ネガティブな思考がすべて悪いことだとは思わないけれど、度を越すと萎縮して何もできなくなるから。

東京書籍 書籍詳細ページ 4-487-80253-1

|

« 呉フィールドワーク あるいは フライケーキ | トップページ | 来週は、前期 卒制審査会 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽観脳:

« 呉フィールドワーク あるいは フライケーキ | トップページ | 来週は、前期 卒制審査会 »