« The Sky Crawlers | トップページ | 160,000アクセス »

バウハウス・デッサウ展をみる

Bauhaus23階の展示会場には、「予備課程」と呼ばれる基礎教育の課題作品が並んでいました。これらは、素材、形体、色彩、空間等に関する基礎を学ぶための課題です。

色彩による平面構成などは、一見すると、僕らが大学時代に教育を受けた「近代デザインの教育」の原形のように見えます。しかし、並んでいるたくさんの課題をみていくと、大学時代の課題は、バウハウスの教育のごく一部、断片に過ぎないということがわかってきます。

コンピュータをはじめとするデジタル機器をふんだんに取り入れた「いまのデザイン教育」と「バウハウスの教育」。。。いろいろ考えることがあります。
(上の写真は「図録」です。かなり読みごたえがあります。)

7月21日(祝)まで。東京藝術大学美術館(上野)にて。
バウハウス・デッサウ展 BAUHAUS experience,dessau

Information Design?!: バウハウス・デッサウ展

|

« The Sky Crawlers | トップページ | 160,000アクセス »

展覧会・講演会・イベント」カテゴリの記事

デザイン全般」カテゴリの記事

デザイン教育/教育」カテゴリの記事

コメント

私は、バランスの基礎授業が気になりました。あれはやってみないと解らない、体で覚える感じが良いです。

投稿: 1093 | 2008.07.07 01:44

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バウハウス・デッサウ展をみる:

« The Sky Crawlers | トップページ | 160,000アクセス »