« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.31

「未来のモノのデザイン」が届く。

Future_things未来のモノのデザイン
−ロボット時代のデザイン原論

届きました。

ざーっと目を通していたら、最終章(第7章)「日常の未来」の中のある節が目にとまりました。「デザインの科学」−これからの‘デザインの教育’について、‘未来のモノのデザイン’について、たいへん示唆に富む内容です。

「デザイナーは分野を超えてイノベーションできるジェネラリストでなければならない。」「賢い機械の台頭はデザイナーにはどういう意味があるのだろうか。」「未来は我々のデザインに新たな要求をする。」・・・(本書より部分的に引用)

連休にゆっくり読もうと思います。(^^)

Information Design?!: 未来のモノのデザイン(近刊)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.29

190,000アクセス

いつもありがとうございます。

  m(_ _)m

Information Design?!: 180,000アクセス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.28

経営戦略実現に向けてCMS導入成功例から学ぶ戦略デザイン

CMS Conference 2008
−経営戦略実現に向けてCMS導入成功例から学ぶ戦略デザイン

2008年11月26日(水),10:30〜20:30(10時間)
国際ファッションセンター KFC Hall+Hall2
入場料:10,000 円(税込)
※11月14日までは早期割引5,000 円(税込)

主催:特定非営利活動法人日本ウェブ協会,CMSワーキンググループ

出演:
門別諭(株式会社キノトロープ代表取締役)
諏訪光洋(株式会社ロフトワーク)
篠原稔和(ソシオメディア株式会社)ほか(予定)
計11セッション

「ホール・セッション」(KFC Hall)は、主に、経営者/CIO/IT部門を対象とする講演です。
「マーケティング&テクニカルセッション」(Hall 2nd)は、IT部門/ウェブマスター/ウェブ制作者向けの内容です。

CMS Conference(カンファレンス)2008:経営戦略実現に向けてCMS導入成功例から学ぶ戦略デザイン

(エントリーのタイトルが長いのは、こちらのほうが内容が分かりやすいと思ったから。それと、経営に関心のあるみなさんにも興味を持っていただけるかなー、と思ったので。(^^))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.27

折れない心の作り方

Orenai_kokoro折れない心の作り方

人から認めてもらえないと自分が保てない、ちょっとしたことですぐに心が折れてしまう。。。最近多いですねぇ、そういう学生。。。

本書では、折れない心を作るために、「自己肯定力を強くする」という処方箋が示されています。

文藝春秋|折れない心の作り方(齋藤 孝)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.10.26

【放送予定】NHKスペシャル 日本アニメvsハリウッド

NHKスペシャル 日本とアメリカ
第2回 日本アニメ vs ハリウッド

2008年10月27日(月) 20:00~20:49
NHK総合テレビ

NHKスペシャル|日本とアメリカ 第2回 日本アニメ vs ハリウッド
NHKスペシャル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.25

Subject To Change

Subject_to_changeSubject To Change−予測不可能な世界で最高の製品とサービスを作る

著者の4名は、adaptive path社のメンバーです。デザインの本というよりは、ビジネス書ですね、これは。(書評はのちほど。)

キーワードは「体験」です。
下記のadaptive path社のウェブサイトには「We help companies create products and services that deliver great experiences that improve people's lives. 」とあります。

Amazonでは予約受付になってますが(25日現在)、書店には並んでいました。(24日に新宿ジュンク堂にて購入。奥付の発行日は10月24日)

目次:
はじめに
1章 体験こそ製品だ
2章 戦略としての体験
3章 人間を理解する新しい方法
4章 複雑さを捉えて共感を生む
5章 「製品」をデザインしてはいけない
6章 デザインコンピテンシー
7章 アジャイルアプローチ
8章 不確かな世界

Book:Subject To Change
adaptive path - product experience strategy and design

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.24

むしごと 展

Mushigotoむしごと−mushigoto 展

2008年11月9日(日)〜15日(土)
12:30〜16:00(最終日は16:00まで)
ギャラリー 銀座フォレスト(中央区銀座1-9-8奥野ビル507)

ガラス工芸作家・柳原麻衣さんの作品展です(多摩美 工芸学科卒)。

以前、立ち寄った卒業制作展で作品を見て、すこしお話をしました。当時のブログ記事では紹介しませんでしたが、気になった作品のひとつでした。

ガラス工芸のとても繊細な作品です。興味のある方はぜひ足を運んでみて下さい。

Information Design?!: 多摩美・工芸学科の卒展から(追記)

(柳原さんから案内状をいただきました。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.23

多摩美 美術館でのフィールドワーク

先週の土曜日(18日)の夕方から、多摩美術大学の美術館へ行きました。目的は、多摩大学大学院(TGS)の授業のお手伝いというか、協力というか。

大学院生のみなさんが、多摩美術大学美術館でのフィールドワーク演習を行いました。1時間ほど館内を見た(観察した)あと、4階のシアタールームで美術館の学芸員との質疑応答など。

今回のフィールドワークは「美術館を触媒とした空間戦略考察のためのフィールドワーク」、テーマは、1)「美的経験価値」のデザイン、2)シアターシステム だそうです。(「コンセプト・デザインの方法論II」紺野登 教授、当日の配布資料による。)

実はこの授業、TGS在学中に僕も履修しています(その時は中古書店でのフィールドワークでした)。その授業のフィールドに、まさか多摩美の美術館が選ばれるとは思っても見ませんでした。(^^;

続きを読む "多摩美 美術館でのフィールドワーク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.22

図録「スタジオジブリ・レイアウト展」

Ghibli_layout残念ながら展覧会は見ることができなかったのですが、図録が通販で買えることを知って、購入しました。・・・すごいです、これ。(しばし絶句。)

アニメーションの設計図としての「レイアウト」、制作システムとしての「レイアウト」のもつ意味と重要性が理解できました。
「レイアウトはアニメーション映画制作のキイ・ポイント」高畑勲 ほか、解説も読み応えがあります。

(追記する予定→追記したかったのと同じ内容を、コメントで書いてしまいました。(^^;)

セブンアンドワイ|スタジオジブリ・レイアウト展 図録(セブンアンドワイ限定販売)

スタジオジブリ・レイアウト展(展覧会は終了しています)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.21

卒業生(webデザイナー)のブログ

Noda_blogYuki's SlowLife
webデザイナーゆうきのスローでクリエイティブな活動ブログ

卒業生のブログです。ブログ・デビューだそうです。 

書いてるのは、情報デザイン学科の卒業生の野田悠紀さん。(何期生だっけ?(^^;)

「青山学院大学・多摩美術大学・東京大学・慶応大学などの学生によって設立された、デザイン制作会社、株式会社アークフィリアの中心メンバーとして、多摩美術大学在学中よりクリエイティブディレクター・webデザイナーを務める。」(ブログのプロフィールより)

楽しそうなブログです。(^^)

Arcphilia(アークフィリア)│ホームページ制作/企画/運営、デザイン業務
デザイナー・クリエイターのためのポータルサイト クリエイターズバンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.20

電脳コイル企画書

Coil電脳コイル企画書

アニメーションの「企画書」が、本として世の中に出るのは珍しいんじゃないでしょうか。

電脳コイル|磯光雄監督作品

(ソノヤマさん@mixi に教えていただきました。(^^))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

機種変更。

DocomoSO902iからSO706iへ。

2年4ヶ月ぶりの機種変。

ワンセグをはじめ機能満載だけど、使わない機能がとても多い。片っ端から設定をOFFにしたが、けっこう時間がかかる。。。

機種変にともなって、モバイルSuicaやEdyを移行したり、銀行用のiアプリを入れ直したり。。。ユーザーがやらなきゃいけないことが、むかしと比べると格段に増えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.19

未来のモノのデザイン(近刊)

未来のモノのデザイン―ロボット時代のデザイン原論

ドナルド・ノーマン著
安村通晃・岡本明・伊賀聡一郎・上野晶子 訳
新曜社

11月に発売予定だそうです。
"The Design of Future Things"の日本語訳です。

未来のモノのデザイン(ゲラ段階の目次など:新曜社ウェブサイト)
新曜社 ホームページ shin-yo-sha-homepage

| | コメント (2) | トラックバック (0)

加山又造展を見る

加山又造 アトリエの記憶III 展

2008年9月28日(日)〜11月3日(月・祝)(火・休)
多摩美術大学美術館(京王線・多摩センター下車)
主催:多摩美術大学

見たことのない「加山又造」が並んでいました。ジュエリー・デザインが圧巻です。こんな仕事をされていたとは。。。

BMW(クルマです)に豪華な装飾を施した作品も展示されています。(制作過程のビデオ、ミニチュアモデル、下絵など。実物のクルマはありません。)

必見です。
会期はあとわずかですが、ぜひ。

多摩美術大学美術館
(八王子キャンパスとはちがう場所です。ご注意ください。)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.18

多摩美・芸祭 2008

多摩美術大学八王子キャンパス芸術祭'08

2008年11月1日(土)〜3日(月)
多摩美術大学八王子キャンパス
京王相模原線,JR横浜線 橋本駅 北口よりバス

ブログをご覧の卒業生のみなさん、芸祭の季節ですよー。(^^)

多摩美術大学八王子キャンパス芸術祭'08
多摩美術大学

追記:上野毛の芸祭はこちら。
多摩美術大学 造形表現学部芸術祭 - TAMA ART UNIVERSITY ART FESTIVAL IN KAMINOGE

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.15

出ましたね。

Apple Store(Japan)

アルミの質感が気になります。現物をはやく見たいです。(^^)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.10.14

「やあみなさん、私の研究室へようこそ」

カノッサ秋の特別講習
「タイヤ幕藩体制と海外列強の展開」

2008年10月16日(水)25:15〜
フジテレビ

オリジナル版はむかしよく見ました。おもしろかったんだよなぁー。

「カノッサの屈辱」(オリジナル版)の出演者(Wikipediaより)
歴史学者:仲谷昇
語り:牧原俊幸(フジテレビアナウンサー)

カノッサ秋の特別講習 - フジテレビ
カノッサの屈辱 (テレビ番組) - Wikipedia

(mixiニュース 経由)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一番になる人

Ichiban一番になる人

つんく♂ 氏(氏って付けると変だな(^^;)が社長を務める会社には、トイレに社訓みたいなものが貼ってあるそうです。その「トイレの格言」が元になってできたのがこの本。

バンドのボーカルからスタートし、音楽プロデューサー、さらに会社社長として成功をおさめたご本人の言葉もさることながら、随所に登場する彼の‘じいちゃん’と‘ばあちゃん’の人生訓がなかなか渋い。(彼の実家は、大阪の塩干・乾物屋だそうで、子どものころから店の手伝いをしていたそうだ。)

一番になりたいかどうかはともかくとして、‘強い意志を持って地道な努力を続けること’を説き、生き方のヒントを示してくれる本です。たぶん、若い人たちには(有名な経営者の書いた人生訓の本よりも)こういう本の方が身近に感じるんじゃないでしょうか。

サンマーク出版:書籍の紹介
TNX(ティーエネックス)株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.13

つくろう。

無いのなら、作ればいいのだ。

そーだ、つくろう。(^^) そーしよう。

ちょっとスピードが必要。時間はあんまりない。


…なにをつくるのかはいずれそのうちに。。。(謎)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うちあける、なぐさめる

Rigutetorigureto(リグレト)

「うちあける」か、「なぐさめる」か。。。

リグレトを楽しむための 三つの心得
一、あくまで「ヘコみ」や「なぐさめ」を楽しむべし
二、医療行為が必要なほど深刻な悩み相談は医師等の専門家に相談すべし
三、真剣なお説教やアドバイスがしたくなるヘコみはスルーすべし
(サイトより引用)

リグレト - みんなで「ヘコむ」を楽しもう!
dividual(運営会社)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.10.12

まりや と 華子

Expressions Koitegami奥 華子 - 恋手紙

最近のiPodヘビーローテーション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.10

2008グッドデザイン賞ベスト15

「ベスト15」の中から、大賞候補として7点を選出。その中から11月6日に大賞が決定。

Good Design Award

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ゲームショウ

東京ゲームショウ2008
テーマ:『さあ、行こう! GAMEの時間です。』

2008年10月11日(土)、12日(日)
10:00~17:00
幕張メッセ

あー、こっちも。

東京ゲームショウ|TOKYO GAME SHOW

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBO_JAPAN 2008

ROBO_JAPAN 2008

見て、触れ合って、対話する。ロボットと暮らす生活は、すぐそこに─国内最大級のパートナーロボット博

2008年10月11〜13日
10:00〜18:00(最終日17:00まで)
パシフィコ横浜 展示ホール 及アネックスホール
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

行きたいな。混みそうだなー。。。

ROBO_JAPAN 2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.09

セイコーエプソン・機器デザインセンターの挑戦

Seiko_epsonイノベーション創発論
―セイコーエプソン・機器デザインセンターの挑戦

著者は、グロービス経営大学院大学経営研究科教授の佐藤剛 氏。

専攻は組織行動学とのことで、本書では、セイコーエプソン・機器デザインセンターの組織設計の変革、人事評価システムの変革、個人の意識変革などが中心的な論点となっています。
デザイナー組織とデザイナーのマネジメントについて、事例研究を通じて多くの示唆が示されていると感じました。(デザイナーの人事評価システムの話とか、けっこう生々しいですよ。(^^;)

はじめ書名だけを見て、デザインと創発の関係性についての踏み込んだ議論を‘勝手に’期待してしまったけれど、それはちょっと‘むちゃぶり’でした。組織行動学の研究ですからね。(^^)

慶應義塾大学出版会|イノベーション創発論

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.10.07

キャラクター造形学

Chara_zoukei大阪芸術大学
小池一夫のキャラクター造形学

第2章「スーパー・キャラクター登場」では、様々なキャラクターについて、考え方やその作られ方などが詳しく解説されています。具体的なキャラクターを例に話をしているので、とてもわかりやすいです。

パーソナル・ロボットのデザイン研究を手掛ける際には、「キャラ」をどうやって「デザイン」したらいいのかがいつも課題となっていました。もちろん直観的に‘キャラを作る’ことはできるのですが、キャラそのものが目的ではなく、そのキャラがユーザーと行う‘インタラクション(対話)’がデザインの主題なので、ある程度の‘設計手法’や‘デザイン指針’が必要です。

このあたりに「キャラクター造形学」のワザがいろいろ応用できそうです。(^^)

小池書院 Web Site

小池一夫公式ホームページ
大阪芸術大学:学科案内>キャラクター造形学科(シラバスが読めます。おもしろいです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.06

最近のなかのひと(あしあと)

Nakanohito081006

Information Design?!: 最近のなかのひと(まね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.03

1-click Award

1-click Award produced by RECRUIT

インタラクティブ部門:
Webブラウザで閲覧できる作品を任意の場所にアップロード

プランニング部門:
企画書(パワーポイントによるA4企画書・5ページ以内・体裁自由),最終審査では10分間のプレゼンテーション

主催:株式会社リクルートメディアコミュニケーションズ, 株式会社リクルート ガーディアン・ガーデン
エントリー期間:2008年10月6日(月)〜11月5日(水)13:00締切
賞:インタラクティブ部門…最優秀賞 賞金50万円+副賞 ほか。 プランニング部門…最優秀賞 賞金30万円 ほか。

プランニング部門は企画書提出なので、制作せずに企画で勝負するひとはこちらで。

1-click Award(リンク先、小さな音が出ます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.01

下顎第三大臼歯

先週末から‘親知らず’が痛み出し。。。

すみません、ぜんぜん仕事になりません。m(_ _)m >各位

来週には抜歯の予定。。。。。いまから気が重い。。。

レントゲン画像見たらさ、真横に生えてるのさ。知らなかったさ。

医者「抜くしかありませんね。」...私「そ、そうですか。。。」
私「抜いたあとどうなりますか。」...医者「2,3日はかなり腫れますね。発熱する人もいます。」...私「そ、そうですか。。。」(正確かつ丁寧に説明してくれる良い歯医者さんです。)

親知らず - Wikipedia

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »